切除 末期 余命 進行 病院

30代 胃がん 免疫療法の3つのポイント

スポンサードリンク

30代 胃がん 免疫療法がちょっと気になっています。

Q:従業員17名ほどの鉄工所で事務をしている30代前半の女性です。会社の業績不振のため今年の5月の中旬に退職勧奨を受けました。3月決算の結果で赤字のため経費の節約をしないといけない状況だそうで3ヶ月間時間を与えるので新しい仕事を探してもらえないかと社長に言われました。8月までは必ず給料を支払ってくれるそうでその間に仕事を探すのに有給をとっても出勤しても自由だと言われたので普段通り出勤しています。職場の人との人間関係はすごく良いです。仕事の内容に問題はなくそこそこ標準的にこなしています。このまま景気が良くなればずっと今の職場に残れるような気がしますし、社長からもその後、勧奨の件について触れてこないし何事もなかったように普段通りです。私はこのまま普段通り出社しても大丈夫でしょうか?それとも早めに社長に退職するかこのまま残るのか何らかの意思表示をはっきり伝えるべきでしょうか?
A:意思表示、とまでは行かずとも、相談はするべきかと。「ここの職場がすきなんです。なので残して。」とか、「この景気では、なかなか見つからないんです」とか。社長さんがどういった意思で言ったかはわからんですけれど、会社の経理のことをしっかりと考えた上で、苦渋の判断をされているはずです。社長さん自身も言いにくかったんだと思います。だから、繰り返さない。なので、あなた自身の誠意を見せる意味でも、やめるにせよそうでない(その選択肢があるかどうかは謎だけど)にしろ、社長に対してきちんと意思表示はするべきです。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る