切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 転移って知ってます?

スポンサードリンク

胃がん 転移のことがなんとなく気になりませんか?

Q:余命半年の父に花嫁姿を見せてあげたい。私の父が12年前患った胃がんが再発し、余命半年の宣告を受けました。現在49才です。前回胃を3分の2摘出し完治したとばかり思っていたのに、今や残りの3分の1はボロボロで腹膜のあちこち転移しているため手術は不可能で放射線治療もできないそうです。残された選択は抗がん剤を使用し少しでも延命するか、緩和ケアをしありのままを受け入れるかで、父は後者を選びました。私たち家族は父の考えを尊重したいと思っており、タバコも酒も今まで通り摂取するのを止めませんでした。現在は在宅で普段通り生活を送っていますが、日に日に痛みが強くなっているようです。私は実家から離れて仕事をしているので毎週新幹線で帰ることにしたのですが、明らかに先週より悪化しているように感じます。会話もできますし歩けますし本人は落ち着いているようにみえますが、今までに体験したことのない痛みに黙って耐えている姿がつらくて仕方がありません。痛みがひどく食事もできなくなってきて目に見えて痩せてきました。父は常に私たちの幸せを願っています。私はいつも「早く結婚して幸せになれよ」と言われていました。まだ元気な頃、現在3年8か月付き合っている彼氏を父に会わせると本当に喜んでくれました。今度私の彼氏と一緒に酒が飲みたいゴルフがしたいととても気に入ってくれました。しかしそれも実現させてあげることができませんでした。先日父が母に「孫を抱いてみたかった」「花嫁姿が見たかった」と言ったそうです。孫が無理ならせめて花嫁姿を父に見せてあげたいのです。まだ結婚の予定がないのですが、彼氏と彼のご両親に了解をとってフォトスタジオでウェディングドレスを着て写真を撮って見せるのは常識的に考えておかしいことですか?どうしても父の夢を叶え少しでも安心してほしいのです。率直な意見をお聞かせ願いたいです。
A:周りの皆に聞いてみて下さい。例え、彼と結婚しなかったとしても、非常識ではありません。仮に非常識だからなんだというのでしょうか?というか、因果関係が逆ですがプロポーズしてみてはどうでしょうか?結構いいと思うのですが。結婚なんて勢いですよ。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る