切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 末期 余命の誕生の秘密

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん 末期 余命についてです。

Q:余命一年といわれ、半年ちょっと過ぎました。。私の父は胃がんの末期で全身に転移していると言われました。文章が読み辛いかもしれないかもしれませんがお許しください。最初に聞いたのは、この抗がん剤が合わなかったら1ヶ月から3ヶ月で死ぬと言われ、偶然にもその薬が効きついこの間まで7ヶ月間くらい効いていました。ちょっと前に病院にいったところ、新しい薬になったとのこと。前の薬が効かなくなったらしいです。イメージとしては、前の抗がん剤より効く期間が短く、以前の抗がん剤は髪の毛は抜けなかったんですが今回のは抜けるそう。一ヶ月前からモルヒネも投与しているらしいです。余命あと半年もないのか。。。と、今の気持ちとしては思っています。いつも私たちの前では我慢強く、苦労している姿なども見せないような父です。母とは10年くらい前に離婚しており、おじいちゃんおばあちゃんがいつもは先生の話を聞いているみたいです。この前自宅に外泊した時にはおばあちゃんにお葬式の話をしたそうです。何を聞きたいのかわからなくなり、書いている間にも涙が止まりませんが。。。あとどのくらい生きれるのか。。。お父さんは何もかも知っていると思います。どんな過ごし方をしたらいいのか。。。よろしくお願いします。
A:お気の毒です。うちのおやじも先にいったんでお気持ちわかります。わたしの結論は普段通りです。お父様もわかったるならなおさら、いつも通り。プラス感謝の気持ちを持って。その時が来たら思いっきり泣いて。お父さんの目の前では笑っててあげてください。何にも出来ずに親孝行できなかった私が後悔していることです。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る