切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 貧血の最新価格

スポンサードリンク

胃がん 貧血がちょっと気になっています。

Q:80歳になる父親に胃がんが見つかり余命1年以内と言われました。先生は手術をすすめますが全摘しなければなりません。本人は80まで生きたから手術はしないと言っています。今の状態はひどい貧血ですが、まだ嘔吐や痛みはありません。進行性なのでこれからだんだん悪くなって行くようです。今はまだ少しは体力のあります。手術をして苦しい治療やリハビリをするより、今のうちにおいしいもの食べたりお出かけしたり楽しいことした方が幸せなのかな~と考えさせられます。後1週間で結論を出さなければいけません。皆さんのご意見を聞かせてください。
A:4年前に義理の父が胃ガンで亡くなりました。手術もしまして、一時期治ったようにおもっていましがた数年後に再発、義理の父は、手術も抗がん剤の治療も拒否しました。もう苦しみたくないといって、家族も同意しました。悪化するまでは好きな釣りに何度もいき、カラオケを楽しみ、大丈夫かと思っていた矢先、調子が悪いと病院にいき約二ヶ月後になくなりました。最後は食べたいものも飲みたいものも口にできず、苦しかったとおもいます。でも、親族みんなでみとりました。もっと好きなもの食べたいものも飲みたいもの、すきなだけ食べさせてあげたかったです。是非悪化するまえまでに、好きにさせてあげてください。最後は痛みとの闘いになります。モルヒネをうつと、意識がなくなるかわり、痛みから解放されます。そして寿命も少し短くなります。義理の父と一分でも長くいたいという事とと寿命を縮めるという板挟み的な考えから、親族の気持ちで打ちませんでした。しかし、私からみれば一分でもはやく打って楽にしてあげたいと思ったと共に、自分のときは、迷わず打ちつづけてほしいと家族に話しました。これから大変ですが思いっきり、思うがままに楽しんでもらいたいと願います。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る