切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 症状の検索情報

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん 症状についてです。

Q:至急胃がんの検査を受けたいのですが、胃カメラ以外でガンの検査をする方法はありますか?20代後半女性です。2週間前から体調不良で、ネットで調べた胃がんの症状が大体一致します。土曜にでも検査したいのですが、胃カメラはどうしてもだめです。ここ最近吐き気ばかりでとても無理です。他に方法はありますか?MRIや血液検査など。どうしても胃カメラが必要な場合、全身麻酔はしてくれますか?(現在インド在住で、検査は設備のいい病院に行く予定です)
A:年齢も若いですし、胃がんではなく胃潰瘍かもしれませんね。貴女が胃がんであるかどうかは別として、一番精密かつ信頼性の高い検査はやはり胃カメラです。胃の検査はバリウムを飲む胃透視もありますが、それで何か異常があれば結局胃カメラで精密検査を受けることになります。病変の有無はわかっても良性、悪性を鑑別するための組織検査ができないからです。それを覚悟した上なら、まず最初に胃透視の検査を受けるという選択もあるかもしれません。また胃や腸のような消化管はCTやMRIなどでも詳細な内腔粘膜の観察はできません。血液検査は腫瘍マーカーやペプシノーゲン検査などがありますが、あくまで参考程度にしかならず、これで胃がんの確定診断はできません。他の検査を受けても診断的意義は少ないので、やはり胃カメラをお勧めします。今では鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)もあります。これだとカメラが咽頭に触れないので反射が起こらず楽です。またどうしても咽頭反射が強い場合は、全身麻酔ではありませんが、沈静剤を使ってほとんど眠った状態で検査することもできます。もちろん検査前に病院に依頼する必要があります。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る