切除 末期 余命 進行 病院

30代 胃がん 病院の最新比較

スポンサードリンク

こんにちは、今日は30代 胃がん 病院についてです。

Q:スキルス胃がんの検査について現在30歳 19歳で妊娠悪阻から食道・胃に潰瘍が5個できてからたびたび潰瘍を繰り返しています。また逆流性食道炎も持っているので通年通し、胃に違和感があります。すぐ満腹感になり吐き気を催すので吐いてしまいます。吐くと楽になりますが、ここ数ヶ月お茶碗1杯のご飯が食べられなくなりました。みぞおちに食後鈍痛、吐くと血の塊がでる(喉からの出血かと思いますが)、便秘・下痢を繰り返す、食道がひりひりする等の症状が続いています。また軽い自律神経失調症であり心配症なのもあり、毎月のようにどこか痛くなり病院通いなので思い切ってすべて検査してください!と医師にスキルスの件も伝え血液検査・胃カメラ・腹部造影CTを進められました。これで大丈夫なら安心できるでしょうとのことですが、30代40代の女性に多いスキルス胃がんは上記の検査で発見は可能なのでしょうか?造影ctとは普通のCTと何が違うのでしょうか?副作用の説明もあり、調べられる項目が一緒なら普通のCTにしたいのですがCTではわからないことが造影CTでわかることといえばなんでしょうか?
A:スキルス胃がんについては既に医師に伝えてあるのですから大丈夫です。胃カメラや腹部造影CTで異常は見つけられます。胃ガンの件は医師を信頼して医師の診断に任せましょう。問題はあなたの心配性による精神的ストレスで体の不調が起こっているように見受けられます。妊娠すると悪阻とは別に成長している子宮が腸管を圧迫し食べた物が腸内通過しにくくなり滞留して体温で腐敗して腐敗ガスや腐敗毒が発生し腸内圧が高くなって腹痛、お腹の張り、臭いオナラ、イライラ、嘔吐感、ときに腰痛などの症状がでますし、腐敗毒(大腸がんの発ガン誘発因子)は腸管壁から血液中に吸収されて血液を汚しドロドロにして血流を悪くして頭痛、肩こり、冷え性、貧血感、肝腎機能が解毒で疲労して機能が低下して疲労倦怠感やむくみ、肌荒れ、ときに微熱や不眠など、個人差はありますが、いろいろな症状がでます。便秘薬や胃腸薬、整腸剤ではこれらの便秘症状は改善できません。お通じは大脳ー胃腸管排便反射(食物の腸内移送、便意)と腸筋肉排便力(蠕動運動)で排便しますから、便秘は排便機能低下で病気ではありませんので便秘を治す薬はありませんし、大脳がストレスを受けると大脳が緊張し大脳に直接支配されている胃腸管筋肉が緊張萎縮して蠕動運動が低下して便秘症状がでます。今の状態は、体調不良と心配性による精神的ストレスー>胃腸管蠕動運動が低下して腸内腐敗ー>便秘症状でイライラ、嘔吐感、胃重感などー>体調不良と心配性による精神的ストレスー>〜〜ー>食欲不振、イライラの悪循環になっているようです。気持ちの優しい少し神経質な性格を持つ女性が陥り易い悪循環です。大腸管の出口が詰まっているから食べたくない、食べた物が胃腸から逆流するのような感覚になりイライラが起きてきます。食べた物が下剤を使用しないで毎日スッキリ排便できれば胃腸管内の食物の通りもよくなり腸内腐敗も減少し腐敗ガスや腐敗毒が少なくなり血液もきれいになって心身共に体が軽くなったように感じるでしょう。”絶対排便力ぬるま湯法” ”便秘薬” ”腹痛 お腹の張り” ”ダイエット” “自律神経失調” ”食事療法” ”運動療法” ”1日を快適に過ごすために” ”大腸がん” などが「便秘解消療法の目安」(検索)サイト内に解説してありますから読んで体のお通じ機能や便秘について正しい知識を理解して適切な便秘解消療法で自力排便を回復しましょう。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る