切除 末期 余命 進行 病院

胃がん abc検診の新着レビュー

スポンサードリンク

胃がん abc検診について調べてみました。

Q:疾病歴のある母の医療、終身保険について母親の保険加入についてです。今、65歳です。60歳の時に初期の胃がんになり、手術をしました。対面販売の大手保険会社には断られました。年も年なのですんなり保険に入ることは出来ないのは分かっています。健康告知でも「過去5年以内に…」という文言がありますが、よく読んでみると5年前の罹患なら加入OKではなく、5年前に罹患した病気の最後の診察から5年という表現がありました。…ということは、加入できるのは70歳?段々よく分からなくなってきました。こういう状況でも加入できる医療や終身の保険はありますか?具体的に教えてください。
A:加入したい不安なお気持ちはわかりますが難しいです。大手生保(一人一人個別診査基準あり個別に条件つく不担保、割り増しなど)に断られたのでしたら、ほかは条件が通らないかと思いますよ。完治(通院もない状態)から5年経過後。各社の緩和型医療保険の告知事項を確認してみてください。結局肝心な時には給付がない、そのような内容になりますので、注意が必要です。一時払いのものでしたら、門戸が広いので無条件加入は可能だと思います。死亡保障。ただし終身ではなく有期のものだと思います。一時払い年金など葬式代に移し変えておく(相続税対策で保険という種類での死亡時支払いにしたい場合支払い開始時期は90歳にしておく)そのようなお気持ちならば、これでいいと思います。傷害保険急激かつ外来、例として怪我、蜂に刺された、事故にあった、通院、入院、死亡の給付でしたら、可能だと思います。どのような医療保険も一般の人に比べ、支払いのリスクが高いので保険の意味がほぼない内容に加入となるのでご注意ください。かなり高額になります。無意味です。今はあきらめるとしてその予算は毎月1万円を銀行などに積み立てると確実。もしものための預貯金として20年で240万。治療に使ってもいいし、葬式代でもいいじゃないですか。加入しなくてもいいように感じます。60歳でガン、その後一度も入院せず来年75歳の女性を知っています。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る