切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 転移 余命とは

スポンサードリンク

胃がん 転移 余命がちょっと気になっています。

Q:私の家族は去年の秋ごろ、胃癌と診断され胃を切除する手術を行い、それから1年近く抗癌治療を行ってきました。しかし、「腰が痛い」と1、2ヶ月くらい前に言っており、後の検査の結果背骨にがんが転移していることがわかりました。そして、「手の施しようがない」というようなことを言われ、数週間前に主治医から3ヶ月の余命宣告を告げられてしまったのです。 家族全員が「運命だ」「腹を決めよう」というある意味後ろ向きな覚悟を固め始めたのを嫌だと感じた私は、遅ればせながら癌と戦う人、あるいは克服した人たちの話をネットで探してみました。すると、真っ先に私の気を引く話があったのです。それは肺がんから始まり末期の状態までに陥った66歳の男性が「ドクターズサプリ」というサプリメントを服用し続け、結果癌の状態が発見時のときまで戻ったというにわかには信じられない話でした。この「ドクターズサプリ」を調べてみたところ、日本でも購入が可能なこと、件の男性と同じような経験をした人が複数いたことを知りました。 さらに、胃がんにかかった人の闘病記を見ていて、その中で「余命5年」と宣告されながらもそれを乗り越え2年も生きている女性のブログで、彼女が行っている民間療法の中に気になるものを見つけました。うろ覚えなのですが、確か「ソウルウィード」という名前の健康食品で、何でも癌細胞の自滅を促す効果があり、彼女はそれを朝晩一袋の半分ずつ服用していたようです。この食品の販売サイトを見つけ、前述のサプリと一緒に家族に勧めてみたところ、「何もしないよりはまし」と購入するのを認めてくれました。 ここまで前置きがだいぶ長くなりましたが、本題に入ります。「末期から回復した」という言葉だけで上記の人達が使った食品やサプリを購入するのを考えているのですが、実際に考えてみると細かい疑問が迷いがいくつか浮かんできたのです。例えば、「2つは同時に摂取していいのか、あるいは片方のみのほうがいいのか」「摂取する人が胃を切除しているので量を調整したほうがいいのか」などの他に誰もが思いがちの「サプリや食品にそんな効果があるのか」と言った事が頭の中をよぎるのです。こうなるともう質問とは呼べないでしょうが、早い話がこれらの疑問や迷いに対する答えが欲しいだけなのです。回りくどい文章かもしれませんが、読んでくれた方の返事をお待ちしております。
A:そんなのただの詐欺ですよ、無駄にお金を使うだけですいいですか20年ぐらい前までは検査精度は今とは比べ物になりませんその20年以上前に末期がんと言われ、実はがんじゃなかったこんな話はマレにですが見聞きする事がありました(余命半年とか3ヶ月とか)その時にその方がたまたま摂取していた物を効くと言ってる物が多く診療ミスでがんと診断したのですから、初めからがんは無いんですしかし現在は医師が余命3ヶ月まで言ってがんじゃありませんでしたこんな事は聞いた事が無いです今の医療技術でさえがんを消せるのは初期だけですましてや漢方だのサプリだので消せるわけがありませんそもそも真剣にがんの研究者をしてる方達をバカにしてる話ですよ漢方とか簡単に手に入る素材なんかとっくに試してますもし1%でも確実に効果が認められるんならばとっくに全世界で使用されてるでしょうね感受性検査と言って、がん細胞を1週間培養してそこに薬を投与して経過観察をするこの検査費用は1つに対して実費で数千円なんですよこの世にある漢方全部試しても数十万円がんの細胞パターン全て検査しても1千万円がとこです検査をやってないと思いますか?藁でも縋りたい気持ちは分かりますがそのお金で栄養のある物でも食べさせてあげたり好きな事をさせてあげた方が良いですよ
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る