切除 末期 余命 進行 病院

胃がん スキルス性速報!

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん スキルス性についてです。

Q:スキルス性胃がんについて質問です。最近、食べ物の食べられる量が減ってしまいました。今日、病院に言ったのですが、エコー程度でまぁ気にしすぎといわれましたたぶん自分が10代だからだと思います。手をくれになってからでは遅いのに、、、それにエコーごときでは、スキルス性胃がんは見つけられません。やはり検査にはバリウムですよね?それと半年前に胃カメラをやって異常は無かったのですがスキルス性胃がんだとかだと3ヶ月程度で発生しますよね?それと自分は好き嫌いが多く昔から、野菜を食べなかったのも気になります。スキルス性胃がんでしょうか?また先生にはどのように頼めばバリウムをやってくれるでしょうか?回答待ってます。
A:ご心配ですのに回答が遅くなり、失礼しました。もう誰か他に回答者がいたようですね。サイトでかなりもう調べているようですので、とりあえず、次の自己診断で調べてみてください。半年前に胃カメラで検査をしてから、その後、下記の自覚症状が発症していますか。まず、長引く胃痛(食後のきりきりとした痛さです)、胸やけ、吐き気、嘔吐、もたれ、食欲不振などです。特に長引く吐き気があり、吐こうとしても吐けないようなことがあります。胃痛は時には背中の痛みになって現れます。激しい痛みです。上記の症状で当てはまるのは、今のところ食欲不振ですね。食欲不振は癌でなくても発症します。胃潰瘍、胃炎などです。さらに見分け方として、便の色です。鮮紅色なら肛門に近い所からの出血ですが、肛門から遠い胃ですと、黒い墨のような便になります。タールのようですからタール便と言います。次は吐血です。これがあるとすでにかなり進行していると考えられるでしょう。胃潰瘍も下血、吐血はあります。この癌は胃の粘膜には発症しないので、外からは判断できません。ですからバリウムでも見つかりません。内視鏡(胃カメラ)での検査でも見つからないのです。画像で見つかった時はもう進行していて、転移していることが多いのです。エコー程度と仰いますが、エコーもこの癌を発見する重要な武器(?)なのですよ。腹水や内臓の陰が見えるのです。腹水は癌の特徴ですから、腹水に浮かんでいる細胞から癌の発見ができます。検査には腫瘍マーカーもあります。男性の前立腺癌はほぼ発見できます。ご心配でしょうから、次のサイトを参考にして、1度大学病院で検査を受けることを考えてはいかがでしょう。http://super-doctor.com/Category/2/また、患者さんで治った方が闘病記を書いていらっしゃいます。患者さんの目線からご自分の症状を見つめ直すと、より症状が分かるでしょう。http://www.ooemfbis.net/sukirusu/toubyou.htmlあなたは好き嫌いが多いとのこと、これからは嫌いな野菜も必ず食べてください。サプリなどは却って身体(胃)には悪いのですよ。化学物質(毒)でほとんど作られています。外食もいけません。特に食品添加物が化学物質です。手作りで、バランスよく栄養を摂取し、免疫力を高めてください。この癌に打ち勝つにはご自分の免疫力も大きな武器なのですよ。人間の身体は神秘的で、身体に不具合があると、それを懸命に修復し、再生しようとしてくれます。癌の毒性は、不幸にして時にはその再生・修復能力を超えますが、そこは医学があります。日本の医学は世界一です。あなたはまだ癌とは決まったわけではないのです。もしも仮に最悪のケース「癌」としても悲観することはないのです。諦めることはありません。そのためにも普段から常に免疫力を高めておく必要があります。それには毎日食べる食事はいかに関わっているかを考えてください。免疫力を高める食材、食事は何かそれも研究してください。頑張ってくださいね。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る