切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 肺転移の新着レビュー

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん 肺転移についてです。

Q:親の借金について私は5人兄弟の3番目です両親は5番目が生まれてすぐ離婚父親の実家に育てられました。父親は何度か再婚しましたがその家には入れてもらえず私たちは父親の実家で大事に育ててもらえました父親は何度か目の離婚で 独り身になり 知らないうちに全国一周したり失踪したり好き勝手にしてましたですが借金もしていました先日父親の知り合いから「父親は胃がんで余命少ない」と聞きました確認したところ、「ひとりで勝手に死ぬからほっといていい。アパートの引き払いだけ頼む」とのこと以前借金の保証人になれと言われ断った所土下座させられ妻にもかわいそうな仕打ちをされました兄である長男は保証人になってしまい今大変な思いをしています次男は独身で好き勝手にしています下の妹弟も学生で遠い所に住んでいます父親が死んだら5兄弟に借金がくるのでしょうか保証人の兄は自己破産すれば逃げれるのでしょうか遺産放棄すれば一切負わなくていいのか父親が死ぬかもしれないのにお金お金・・・の考えで嫌になります借金を背負わされたら離婚されてしまいます自分にはもったいない位出来た妻なので失いたくありません5兄弟を育ててくれた祖父母は祖父が闘病のすえおととしに亡くなりました妻が介護してくれました祖母は痴呆でホームに入居していますご助言お願いします
A:父が遺言書を残さなかった場合、相続の第一順位は、配偶者と子である。よって、父に配偶者がいるとしたら、配偶者が2分の1、子全員で2分の1相続する。配偶者がいなければ子が全て相続する。もちろん、相続の対象には、借金などの負の財産も含まれる。つまり、あんたの言うとおり、子に借金を支払ってくれという請求が来ることになる。長男以外の子については、保証人でもなんでもないので、父の死を知ってから3ヶ月以内に、家庭裁判所で相続放棄をすれば、負債の相続から逃れることができる。但し、長男については、相続放棄をしても、保証人としての立場が残っている。相続放棄した分については、相続財産法人が引き継ぐので、結局、長男は相続財産法人の債務を保証することになり、支払わざるを得なくなってしまう。子全員が相続放棄した場合は、第二順位の親、第二順位の親が相続放棄したら第三順位の兄弟姉妹に相続権がいく。ただ、あんたの父親は、はっきり言わせてもらって、ろくでなしだから、あんたら以外にも子がいる可能性がある。だから、今回は限定承認だとかという方法は紹介しなかった。まあ、長男は、結局自己破産とかになってしまうかもしれんが、他の奴らは相続放棄さえすれば助かる。だから、親子の縁を切られようが、親友の縁を切られようが、離婚されようが、借金の保証人にはなるなって昔から言われているんだよ。自分が借金しているのと同じだからな。むしろ債務者はトンズラしたら終わりだけど、保証人はそうはいかないから、保証人の方がきついわ。以上
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る