切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 転移 余命の最新ランキング

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん 転移 余命についてです。

Q:85才祖母が胃がんと診断されてしまいました85歳祖母が胃がんと診断されてしまいました。もしなにか希望が残されているならば教えていただきたいとおもい投稿させていただきました。以前から祖母は肺炎で今年の夏から入退院を繰り返し、先月も体調がよくなったからということで退院しました。ところが、先月末の診療で肺に気になる影?があるからということで、検査したところ癌と診断され、しかも肺の癌は転移で原発は胃がんであると言われました。突然、余命1ヶ月~3ヶ月と宣告されてしまいました。以前胃潰瘍を煩ったことがある祖母でしたが、悪性ではないと診断され、今ではすっかり完治しているものだと思っていましたし、先月も胃カメラ等の検査を行い問題なしということでした。今では祖母はもう立てないくらい衰弱してしまい、食欲もなく声にも力がありません。先月退院して1ヶ月もたっていないのにあまりに突然の出来事で信じられません。医者の方が言うには、年齢や体力的にも手術の施しようが無く、抗がん剤にも耐えられるような体ではない。これから来るであろう痛みを薬で抑えながら最期を迎えるしかないそうです。本当にもうだめなのでしょうか。物心ついたころから母がいない私にとって祖母は母親同然でとても辛いです。本当にもう方法が無かったとしたら、情けないことに今後祖母にどう接してあげるべきなのかもわからず絶望しています。こんな私ですがなにかコメントをいただけたら幸いです。よろしくお願いします。
A:びっくりしました。余りにも境遇が似すぎて驚いています。今日、87才祖母が胃がんと診断されました。私も物心ついたころから母がおらず、祖母に育てられたので、母親同然の存在です。私も今、とても辛くただただ泣いています。私の祖母は先月倒れ、その日から入院中です。倒れる前はよろよろですが、自力で歩き、食事も自分で取っていました。ですが、入院してから寝たきりになり、衰弱し食欲もなく喋ることも少なくなりました。痴呆も進行したようです…。祖母も質問者さんのおばあ様と同じ様に、年齢や体力的に手術の施しようが無く、抗がん剤にも耐えられるような体ではないと言われました。絶望で何も手に付きません。質問者さんと同じ気持ちだと思います。ですが、祖母の前で不安な顔をしたら優しい祖母は心配をすると思うので、これから出来るだけ笑顔で明るく接していこうと思っています。当たり前の事ですが、今の私にはそれすら出来るか分かりません。何もアドバイスになっておらずすみません。乱文もお許しください。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る