切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 食事の新着クチコミ

スポンサードリンク

胃がん 食事のことがなんとなく気になりませんか?

Q:質問です。嫁姑の争いがエスカレートしていて、窃盗罪、名誉毀損や損害賠償を含めた裁判を考えています。法律に詳しい方、ご回答お願いします。私は当事者ではないのですが、母(祖母から見たら嫁)と祖母(母から見たら姑)の争いが日に日にエスカレートしていて、板ばさみになっている父が不憫に思い、また母の精神状態も心配で、娘としては何とか解決方法は無いのかと探っているのですが、行き着く所は裁判所しかないようです。長文になりますがよろしくお願いします。この嫁と姑の争いは結婚当初から続いているのですが、母から攻撃を仕掛けた事は一度たりともなく、全て祖母から母への嫌がらせのみ行われています。20年近く前に祖父は他界し、祖母は自由気ままに、暮らしていました。約3年ほど前ですが、祖母は初期の胃がんになり、胃を3分の2ほど切除する手術を行いました。退院後、一人で食事の準備をするのは大変だろうと、30年以上嫌がらせを受けてきたのにもかかわらず、それを全部水に流して、母は祖母のために食事を作りに通いました。また、これからずっとだと通うのが大変になるから、いっその事同居してもいいよと、父に申し出したのです。しかし、同居がこの悲劇の始まりでした。始めのうちは体力が弱っているので、祖母は母に嫌がらせをする事はなかったのですが、体力が回復してくると同時に、嫌がらせは復活。父と母の留守時に二人の寝室に侵入し、母が持っている目新しいものを盗み、自分の部屋へ持ち去る。母が購入したばかりの日傘を破いたり、所有物に傷をつける、ズボンや下着をはさみで切り、靴もカッターナイフで傷をつけたりするのです。同居していない頃でも、時々貴金属(ダイヤの指輪など)が紛失する事があり、母はいつも不思議に思っていました。紛失する前に必ず祖母が子守りにきていたそうです。そのほかにも、名誉を傷つける暴言なども言われており、体の不調も出始め、このままでは精神状態も悪くなりそうです。祖母には二人の子ども(息子=父、娘=叔母)がいますが、叔母は祖母に関して、父任せであり、どちらが正しいかという事も考える事もなく、祖母の味方だと公言しています。同居人による盗みを窃盗罪として起訴したいですが、警察は動いてくれないと思いますが、盗まれた物を取り返したいですし、こんな嫌がらせを止めさせたいです。アドバイス、お願いします
A:もしかしておばあ様は認知症を発症しているのではありませんか。また、認知症の有無にかかわらず、裁判より前に精神科にかかってみることが必要かと思います。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る