切除 末期 余命 進行 病院

30代 胃がん 免疫療法には困らない

スポンサードリンク

こんにちは、今日は30代 胃がん 免疫療法についてです。

Q:子供が出来にくい体質で結婚を決断された方、アドバイスお願いします。私は30代後半で、彼は40代前半です。お付き合いをして3年になり当初から結婚を意識していました。諸事情により、すぐ入籍は出来なかったのですが両親にも承諾を得ています。避妊もしていませんし、むしろこの年なので妊娠を希望しています。お互いの両親も孫を望み、私たちも子供を希望しています。諸事情が片付いてきまして、もうすぐ入籍をする予定です(身内のみの結婚式だけする予定です)。避妊をせず約3年経ちますが、妊娠できずもしかして不妊症なのではと思い彼に病院に行き検査をしてもらうと話しました。ですが、彼は「子供は授かりものだし、自分が原因かもしれない。深刻に検査をする必要は無い」と言われてしまいました。入籍前なのでまだ2人とも引き返せます。口では「焦らなくてもいい」と言っても私も年齢的に焦りますし、彼も子供は欲しいはずなんです。もしかして、私が原因で妊娠できないなら、別れて他の女性と結婚したほうが子供に恵まれるかもしれないと思うと、申し訳なく思ってしまいます。このまま妊娠できずに閉経を迎えて、でも、男性は終わりは無いと聞きました。彼をとても大切に思っているので、彼の為に今のうちに別れを決断すべきなんじゃないのか・・・と。「このまま子供が出来なくてもいい?」と聞いても「出来ないなら別れる」なんて思っていても言えないはずです。今不妊症で悩んでおられる方が多いと聞きました。周りにも病院に通っている知人もいます。「授かりもの」と言っても、結婚してまだ望んでいないのにすぐ恵まれる人もいれば、本当に望んでいるのに恵まれない人もいる。もしかして、入籍するまで子供が待っていて入籍したら恵まれるのかな?なんて思ってしまう自分もいます。不妊治療はお金も期間も精神的にもすごく負担になると聞きます。入籍前に分かっているのに彼にそのような負担をかけたくありません。私は彼の為に別れるべきなのでしょうか?彼は優しいので本心を言わずに、不満を抱え込んでしまうのです。いっそ、「子供は欲しいから他の女性と結婚するよ。3年近く妊娠しないなら無理そうだし」ときっぱり言われるほうが良いです。毎月生理が来て、その度に泣いて落ち込んでしまう姿を見せるのも、自分にも彼にも辛くなってきて・・・
A:色々と精神的に追い詰められてる感じが文面からお見受けしましたが、大丈夫ですか?結婚って、何なんでしょうか。もちろん、一緒に子育てをすることが結婚生活の大半だと思いますが、子どもだけにとらわれてしまうのも辛くないですか?でも、私も不妊治療経験者なんでこどもにとらわれてしまうお気持ちはすごくよくわかります。質問者様は、お相手の方が万が一「種ナシ」だと分かったら、冷めてしまい、結婚はナシにされますか?なら、その程度の愛情しかないんだと思いますが、文面からだと「そんなことないっ!」って声が聞こえてきそうです(笑)。ですから、お相手の方も同じようなお気持ちでいらしゃると思いますよ。子どもはもちろん授かり物ですが、私的には質問者様自身の不安を解くためにも、また原因を明確にするためにも、1度婦人科を受診されるコトをおすすめします。何もなければ自然に授かるコトを待ち、何かあれば妊娠しやすい体質に変えていく治療を始める…心の負担を軽減できるきっかけになると思います。私事ですが、20代の頃に子宮内膜症と卵胞のう胞と診断され、ホルモン分泌が正常の10分の1程度と言われ、不妊の判を押されました。その後、お付き合いする方には、この先結婚の話になっても子どもを授かれない可能性がある旨を伝えてからお付き合いを始めました。それでもいいって言ってもらい、お付き合いを始めた二人目が主人です。主人とは付き合ってから出産するまでは10年かかり、その間に3回の流産を経験しました。「もう子どもを諦めて二人で生きて行こう」って話してたら妊娠・出産に至りました。今は二人の子どもが居て、不妊治療もずっとずっとしてましたが、流産を含めて5回の妊娠中4回は治療を休んでる時に妊娠しました。精神的に追い詰められてると妊娠しにくいと思います。でも、焦る気持ちもすごくわかります。女性にはどうしてもタイムリミットがありますから…。私は不妊治療を長くしてましたが、上手くいかなくてどうしようもなくて、神頼みに走りました。子授け神社をまわったり、子授け風水の部屋にしてみたり…。神社回りは自然も多くて気分転換になるし、風水部屋は模様替えも兼ねるので、リフレッシュできます。気持ちを切り替えるいい機会になると思うので、オススメです。なんかまとまりのないダラダラした長文ですみませんでしたm(__)m
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る