切除 末期 余命 進行 病院

腫瘍マーカー 胃がんを調べました

スポンサードリンク

腫瘍マーカー 胃がんがちょっと気になっています。

Q:胃がんが転移しました、相談先を探しています2年ほど前、私の母親(60代後半です)が胃がんになり手術で胃の3分の2を切除しました。3期まで進行していたので、ある程度覚悟していたのですが、最近になってリンパ節への転移が見つかってしまいました。いろいろ抗がん剤治療を続けていたのですが、どうも効果がいまひとつらしく腫瘍マーカーにあまり変化が出ないようです。そこで質問なのですが、こういうときはどういった治療法があるのか、あるい治療効果が薄いのに強い薬を使い続けるよりも生活の質を上げる道をとるべきなのかアドバイスをいただきたいのですが、こういう相談はどういうところにすればよいのでしょうか?セカンドオピニオン外来がある大きな病院もあるようなのでその辺に相談してみるべきかと考えているのですが、経験者の方がいたらぜひアドバイスください。当方埼玉県川越市在住で、比較的近場で実績が多いのは埼玉医大と埼玉県立がんセンターになります。参考までに今まで使った抗がん剤はTS-1、シスプラチン、ドセタキセル、タキソール、イリノテカンあたりで、胃癌治療ガイドラインに載るようなメジャーなものを使っているみたいです。よろしくお願いします
A:こんにちは。うちの父もそうでした。医者に「半年で再発する!」と脅され、こんな医者にばかり頼ってられないと思い、脱西洋医学を目指したのですが、本人が嫌がってしまいました。西洋医学的には転移してしまえば末期で、手術は意味が無く、抗癌剤も多少の延命効果を期待してのものになってしまいます。辛い思いをして、それでも薬が効いて若干の延命、効かなければ寿命を縮めると思うと、生きているうちに好きなことをできるようQOLを保つような治療をしてあげたいなと考えました。「癌を治すのは薬ではなく、自分自身だ!」と言う思いがあるので、免疫を強化するマイルドな方法を選びました。ただ、免疫治療と言うと自由診療で非常にお金がかかり、お金が無くなればそこでお終いみたいなイメージがあります。それに、現在のメジャーな免疫治療はなんか信用できません。そこで、日医大の治験薬を使うことにしました。現在、3ヶ月くらいになります。今のところ血液検査では腫瘍マーカーの値も安定し落ち着いています。免疫に働きかける治療のため、効けば癌を治すことも共存することもできます。と言うように、セカンドオピニオンも選択の一つですし、その他の代替医療も選択の一つだと思います。なにより、本人の意思を尊重してあげて下さい。

Special Report/米国アバスチン乳がん適応撤回のインパクト(下) – ミクスOnline

Special Report/米国アバスチン乳がん適応撤回のインパクト(下)
ミクスOnline
ただ、FDA抗腫瘍薬諮問委員会が12対1という大差で、取り消しを推奨したことは、厳しいと感じた。この裏には、FDA抗腫瘍薬諮問委員の利益相反の問題が潜んでいる。薬剤を理解している人は、製薬企業との利益相反を抱えている為にFDA抗腫瘍薬諮問委員にはなれない、また、

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る