切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 腹膜転移のホントのところ

スポンサードリンク

胃がん 腹膜転移のことがなんとなく気になりませんか?

Q:胃がんに詳しい方是非回答よろしくお願いします。私の従姉妹が半年前に胃がんの診断を受けました。年齢は33歳 女性です。開腹手術を行い、胃を全摘出しました。手術後、リンパ、腹膜転移が確認出来ました。手術後から抗がん剤治療を行っておりますが、白血球の低下で現在は抗がん剤治療の継続は出来ないとの事でした。以前は45kg程あったのですが、現在は28kg程となってしまいました。医師からは余命宣告はまだされていない様ですが、大体の余命はあとどのくらいなのでしょうか?また助かる可能性はありますか?
A:腹膜とリンパ節転移であれば・・・厳しい言い方で失礼かと思いますが、回復の見込みは少ないでしょう。末期癌と診断が出たなら、だいたい余命一年くらいと考えて下さい。ただ、余命半年とか言われた患者様でも 一年以上または数年間 生存された方々も多く見てきました。まだ お若い方なので、本人の意志を尊重してあげる事が一番なのですが、私個人の意見としては 末期癌という回復の見込みの無い時点での辛い抗がん剤治療は避け、痛みなどのコントロールを行い、残された時間を有意義に過ごして頂きたいと思っています。緩和ケア という言葉を覚えておいて下さい。何かお役に立てると思います。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る