切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 末期の新着クチコミ

スポンサードリンク

胃がん 末期について調べてみました。

Q:東京・国分寺市の大宣寺住職、菅野日龍が死亡した。77歳だった。菅野はかねてより末期の肝臓癌を患い、療養していた。日達法主の娘婿である菅野は日達法主から"次の法主"と指名されていたとされる人物だが、日達法主が急死するや、相承を受けていない日顕にその座を奪われてしまった。この「法主詐称事件」に関し、表向きは沈黙したまま死んでいった菅野だが、事の一部始終を親しい坊主や弟子たちに克明に伝えており、日顕の死後、一気に公になると予測する者もいる。これで、日如が法主になって以降、椎名日澄、大村日統、尾林日至、菅野と、4人の能化が死んだことになる。また、菅野が死んだ翌日の7日には静岡・寿量寺住職、上田慈一も死亡。この1年間で死んだ坊主は10人となった。病身の坊主は多く、介助無しでは歩けない福岡・法霑寺の秋山日浄、肺気腫を患い、救急車で病院に担ぎ込まれたという東京・本行寺の高野日海、胃がんの手術後、"激やせ"が顕著な財務部長・長倉教明(北海道・日正寺)、先ごろ行われた得度試験の試験官を辞退した教学部長・水島公正(埼玉・能安寺)も体調が思わしくないという。「入院・通院中の僧侶は多い。これからも"ドミノ倒し"のように訃報が続くのではないか」と宗内関係者は語る。これをどう思いますか?日蓮正宗外部改革派憂創同盟
A:病身の坊主は多く、介助無しでは歩けない福岡・法霑寺の秋山日浄、肺気腫秋山後能化様は、昨年5月に亡くなりましたが…これはいつの情報ですか?
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る