切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 20代の最新価格

スポンサードリンク

胃がん 20代について調べてみました。

Q:みなさんならどうしますか?文章が長くなりますが、悩んでいます。現在34歳、子供二人います。飲酒なし、非喫煙(夫・実家の家族も)です。生理周期は25日、7日間出血です。10代後半は生理の出血の量が半端なく多かったですが20代になり落ち着きました。生理痛は10代は市販の鎮痛剤で治まる程度(必ず必要でしたが)20代になると突き上げるような直腸痛に絶えられないほどになりました。その後妊娠し、2人出産し直腸痛は出産前よりも痛みの程度は少し治まった感じではありますが去年のはじめころ直腸痛をはじめ、生理痛が鎮痛剤を飲んでも生理中ずっと続き耐えかねて婦人科へかかりました。エコーは異常なし、血液検査も(何の値だったか忘れました)少し値が高いだけでこれぐらいではひどい病気の可能性はないと診断され、ポンタールというお薬をいただいたのですが、やはり一番厄介な直腸痛には効かず次の手段で座薬(ボルタレンサポ250ミリ)を処方されました。これがよく効いて直腸痛は緩和されるのですが、座薬を入れるタイミングが遅れると入れないほどではないですが痛みは出てきます。生理初日は市販の鎮痛剤(直腸痛前に生理痛が来ます)二日目はボルタレン8時間ごとに1回ずつ・・・ボルタレンはよく効くのでいいのですが強い薬なのでこんな頻度で使い続けても大丈夫なのかというのと正直この生理痛(というより直腸痛)にはもう参っている部分があり、(25日周期なので月2回生理がくるときもあります)しかも最近生理も10日間ぐらいになってしまっているのもありまた婦人科へ行って低容量ピルの相談をしたいなと思っていたのですがその前にネットでいろいろと調べると低容量ピルは乳がん・子宮頸がんのリスクが高まると・・・父方の祖父→胃がん(死因)父方の祖母→脳梗塞(死因)父→心筋梗塞で倒れたことあり母方の祖父→大腸がん(死因)母方の祖母→子宮体がん(死因)母→子宮筋腫もち妹→卵巣脳腫・子宮内膜症(手術したが再発・ピル治療中)私→毎年必ず健診を受けていますが今まで異常はなしとにかくこんな家族ですのでどうしてもピルの発がん性リスクが高まるのが恐ろしくてピルを躊躇しています。(子宮体がんのリスクは下がると分かっていても)健診の結果も毎回ドキドキしてしまうほど臆病・・・(><)みなさんなら・・・こんな状態だったらどうしますか?ピルに踏み切るか、このまま鎮痛剤治療を続けるか・・・他になにか手があるのか・・・。また病院へ行って相談してみては?というご回答は今回は遠慮させていただきたいです。長々と読んでくださりありがとうございました。
A:乳癌のリスクはホルモン補充療法で使用する程ではありませんので、気にする事はないかと思います。子宮頚癌のリスクはピルの服用によって避妊具をつけない性交の機会が増える(人によっては不特定多数の相手と)事が原因ですので、そのような事が特になければ今までとは変わりません。イギリスのデータですが、ピルを長期服用している人はそうでない人に比べて全ての癌の死亡率が下がるというものがあります。私なら迷わずピルを試します。

一家二代五人患甲状腺肿瘤 – 荆楚网

一家二代五人患甲状腺肿瘤
荆楚网
父母都有糖尿病者,子女患糖尿病的机会是普通人的15~20倍。 目前已经发现有相当部分血脂异常患者存在一个或多个遗传基因缺陷。由遗传基因缺陷所致血脂异常多具有家族聚集性,有明显遗传倾向。 流行病学调查发现,5%~10

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る