切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 腹水の最新格安情報

スポンサードリンク

胃がん 腹水のことがなんとなく気になりませんか?

Q:父が末期の胃がんです。見つかった時には手術は出来ない状態で、抗がん剤治療をして約7ヶ月。腹水も溜まり、起き上がれなくなり、食事もほとんど口に出来ず。出来ても嘔吐する事が多いです。胸水も2リットル溜まっていて、抗がん剤治療はもう辞めると主治医に話されました。もしもの時の心臓マッサージの施術の有無も聞かれました。いよいよだと確信しましたが…人の寿命や病状は様々ですが、父は正直あとどの位生きられそうですか?
A:あなたの辛いお気持ちお察し申し上げます。昨年大好きな父が他界しましたので、色んな複雑なお気持ちだろうと・・・。父は余命3ヶ月と言われ1年以上生きてくれました。医師に『いつ急変してもおかしくない』と言われてからでも2ヶ月生きてくれました。厳しい事を申し上げ心苦しいですが、恐らくそんなに長くは無いと思います。1ヶ月ぐらいかと素人判断ですが、思います。貴方がお父様にしてあげたい事があるのなら、医師にきちんと余命を聞いてください。そして、お父様がしたい事の中でできる事をしてあげてください。お父様と残りの時間を平和に穏やかに過ごす事が大切だと思います。どれだけの事をしてあげても、どんな名医に診てもらっても、どんなに立派な病院に入れてあげても、どれだけ一生懸命看病してあげても、必ず後悔はあります。これは家族を失った者皆が思うことです。家族の死に納得は誰も出来ないと思います。だけど、まだお父様は生きようとされてるのですから、あなたも楽しい時間をお父さんと過ごしてあげてください。演技の悪い事ばかり述べ、申し訳ありませんでした。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る