切除 末期 余命 進行 病院

胃がん ステージⅳの情報最前線

スポンサードリンク

胃がん ステージⅳについて調べてみました。

Q:大事な人が胃がんのステージⅣです。最近になって肺の入り口のリンパ節に大きながんが見つかり、衰弱しています。もう覚悟しなければならないのでしょうか。長文です。大事な人が胃がんのステージⅣです。一昨年の4月に胃がんが見つかり、全摘出をし、今までに化学療法、放射線治療、免疫療法をしてきました。今の抗がん剤は5種類目ですが、どんどん腫瘍マーカーが上がり、60000近くになっております。最近になって急激に衰弱し、輸血もし、CTを撮ったところ肺の入り口のリンパ節に広くがんが広がっており、軽い肺炎も起こし、肺に少し水がたまっているようです。がんが見つかってからもうすぐ2年になりますが、私はまだまだ生きて、運がよければ治ってしまうのだと思っていました。今でも望みは持っています。実は大事な人というのは結婚していて(奥さんとは何年も前から別居していますが)、私は愛人という立場です。大事な人の容体が悪化してきて、寝た切りになってしまえば私は会うこともできなくなり、最悪の結果亡くなることになれば当然最期に会うこともできないでしょう。急に意識がなくなれば、彼が亡くなったことすら私は知らないことになるかもしれません。そんな別れ方になることは、悲しすぎて、怖くて耐えられそうにないのです。大事な人が末期がんだった場合、どうやって気持ちの整理をしていけばいいのでしょうか。今までにこんなに身近で大事な人を亡くしたことがないので、想像がつきません。自分ひとりで生きていくことができないのではないかと思うのです。(精神的に)倫理に反していることはわかっております。それに関しての誹謗中傷はしないでください。お願いいたします。
A:むごいようですが、覚悟をしておいた方がよろしいと思います。投稿内容から判断しても、予後は不良と思われます。健康、病気のカテに投稿なさっていますので医学的には、そのようなアドヴァイスになります。後半のご質問の部分につきましては恋愛や人生相談のカテの内容かと思いますが併せて、私なりの意見を述べさせていただきますとあなたと全く同じ立場で同じ経験をされた方を知っています。相手に家族がいる限りは、相手の身に何かあっても病院にも行けない、看病もしてあげられないそして、万一の時も死に目にも遭えない、葬儀にも出られない。愛人とは、こういう状況になったときにどうすることもできないのだということを覚悟の上でその人は愛人という立場に身を置いたのです。その二人は、単なる火遊びではなくて傍目に見ても、互いを尊敬しあい慈しみあい真実の愛情で繋がっていたと思います。世間一般では「良くない」関係なのでしょうが出会う順番が遅すぎた、気の毒な二人だったと思います。瀬戸内寂聴さんの仰る「不倫も命がけなら純愛」という言葉がぴったりくるような二人でした。彼女は自分の立場というものをはっきりとわきまえていて「日陰の身」であることを自覚し、それに徹していました。そして、今のあなたと同じ状況になったときに「世間的にいけないことをしてきた自分が最後に受けなければならない「罰」なのだ」といってその苦しさにじっと耐え忍びました。最愛の人の最期に臨んで、逢うことも、看護することも死に水をとることもできない、見送ることもできないのがどれだけつらいことかは私にも想像は出来ます。しかし、彼女は敢えて自分に課した「罪つぐない」の日々の何ヶ月間を耐え、そののち、風の噂で知った最愛の人の死を狂おしいほどの悲しみの中、静かに受け入れました。彼女は言います。「病院にも葬儀にも行けなかったけど、魂の深い所で繋がっているという確信があったので、離れていても、彼がすぐそばに居るような気がしていたし、今(亡くなった後)も、いつもそばに彼の存在を感じる」断っておきますが、私は不倫を肯定している訳ではありません。しかし、もしあなたたちお二人が、この私の知り合いのような真実の愛で繋がったお二人なのでしたらこういう例もあるし、あり得るということをお話しておきます。いずれにせよ、あなたが今、どれほどおつらいかはよく分かります。心で一生懸命、彼に語りかけてあげてください。想いのつよさは通じると信じて。

大腸がん 早期発見で確実に治癒 – MSN産経ニュース

大腸がん 早期発見で確実に治癒
MSN産経ニュース
大腸がんは進行度によって、6段階のステージ(0、I、II、IIIa、IIIb、IV)に分類。治療法は、抗がん剤治療▽内視鏡治療を含む外科治療▽放射線治療-があり、治療方針はがんの進行度によって決まる。神奈川県立がんセンター(横浜市旭区)の赤池信副院長

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る