切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 胃潰瘍 症状の比較・口コミ

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん 胃潰瘍 症状についてです。

Q:‘ピロリ菌’発覚。胃潰瘍や胃がんの要因の一つ‘ピロリ菌’に関してご存知の方宜しくお願いします。昨日の胃カメラで‘ピロリ菌’が見つかりました。胃痛やもたれなどの症状は無いので除菌(再発は稀なので一生に一度でOKと)は本人の自由ですよと云われ当然除菌を選択致しました!一週間投薬して成功率は7~80%の様ですが‘ピロリ菌’が発覚した事のある方 皆様はどうされましたか?些細な情報でもお持ちでしたら回答重ね重ね宜しくお願いします!!
A:胃痛がもとで病院に掛かり、内視鏡検査で胃潰瘍が見つかり、そのまま手術を受けたことがあります。その際、摘出した組織からピロリ菌が見つかり、医師の勧めもあって、除菌を行いました。その後、数年の間、経過観察を受けましたが、胃潰瘍の再発もなく、ピロリ菌も見つかっていません。経過観察では半年ごとに数回の内視鏡検査を受けました。ピロリ菌については、薬剤を服用した後に呼気を採取する方法で、ピロリ菌が発生するガスの有無を判定してもらい、除菌されたことを確認してもらいました。除菌の時は、抗生物質(ピロリ菌を除菌するための薬)とともに、ビオフェルミン錠剤(ビフィズス菌)を1週間服用しました。ビオフェルミン錠を服用したのは、抗生物質が大腸にいる有益な菌まで殺してしまうからだそうです。私の場合、除菌している1週間、体調に変化はなく、無事にピロリ菌をやっつけることができました。つたない内容ですが、参考になりますでしょうか。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る