切除 末期 余命 進行 病院

胃がん ステージの濃い情報

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん ステージについてです。

Q:胃がんで闘病中の姑の病状について教えてください。昨年10月、70才の姑がスキルス胃がんステージ4で、胃の全摘出手術をしました。医師の説明では(腹水とリンパの奥に転移がある、余命は半年から一年でしょう…)と言われました。今年の4月、発熱のため受診すると、尿に黄疸の数値が出ているのと、他の数値も高いということで即入院。検査の結果胆管がんが詰まり胆汁が流れていないことがわかりました。胆汁を流すための管を通す検査を一週間おきに三回行い、管を体の中に収めてもらい約一ヶ月後に退院。しかし一週間したらまた発熱のため入院。治療の結果医師から(今回は管を入れ直しましたが次また詰まったら、管を外に出してふくろをぶらさげてもらわなきゃいけないと思います)と言われました。はじめに胆管が詰まったとき医師に、胆管のつまりはがんが転移してると言っていいでしょう。と言われたのですが、医師に確実に転移しているのかと聞くと、病理検査をしたわけじゃないからわからない…と言われました。その病院の医師や看護師さんの雰囲気からあまり質問ができず、(今回も全く説明はない)ネットばかり見ています。いま姑の状態がどの程度進んでるのか、胆管の詰まりはガンと関係があるのかないのか?医師に聞きたいことばかりですが、聞けず…こちらで質問をさせていただきました。こんな、下手な説明で申し訳ありませんが、できる範囲でいいので教えていただけないでしょうか?どうぞよろしくお願いします。
A:残念ながら手術から半年、腹水、リンパ節転移もある状態だったようですので現在はおなかの中が癌が拡がっている状態だと推察されます。その拡がった癌のために胆管が詰まっている状態だと思われます。「胆管がんが詰まり胆汁が流れていない」?胆管癌もあったのでしょうか?いずれにしても胃癌再発、胆管癌?、などにより胆汁がつまっている状態のようですから治療としてはその胆汁は流してあげることしかありません。ここで病理検査などして「確実に転移しているかどうか」を確認する必要はありません。原因の癌を治療する段階ではなく症状を少しでも緩和させるための治療が行われている段階のようです。胆汁を出してあげないとすぐに危険な状態になりますから、とにかく胆汁を出してあげるだけの治療をしているのだと思います。この段階でいろいろ検査をして細かく癌の拡がり、転移、などを検査することはあまり意味がありません。少しでも安らかな時間が長く続くといいですね。お大事に・・・【補足】「黒い便で下痢」は出血の可能性がありますね。「胸焼け」は腸液、胆汁の逆流が多いのかもしれませんね。やはりかなり進行している可能性は高いと思います。主治医と今後のことについてよくよくご相談された方がいいですよ。自宅で少しでも過ごさせる、好きなものを今のうちに食べさせる、などなど。お大事に・・・
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る