切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 末期 余命の新着比較

スポンサードリンク

胃がん 末期 余命がちょっと気になっています。

Q:73歳の父が、胃がんの末期です。発見から二カ月たち、がんセンターに入院・治療をしてきましたが、今月いっぱいもたないかもしれません。たった三ヶ月で、元気に仕事をしていた父が、死んでしまう現実を受け入れられません。余命も知らず、父も病と闘っています。一番辛いのは、死と向き合っている父だと思います。残り少ない時間を、私たち家族は、どのように過ごしたらよいのでしょうか?前向きになれるアドバイスを頂きたいです。
A:医療関係で働いています。辛いかも知れませんが、沢山沢山笑顔で居てあげてください。会話ができるようであれば、沢山話をしてあげてください。昔の話、お父サマの好きな話など。会話が出来ないようでも耳は聞こえています。沢山語りかけてください、そして、手を握り肩に触れずっと笑顔でいてあげてください。お父サマが安心できるように。泣いたり、辛いと言ったりするのは後でも出来ます。でも笑顔を見せる事は今しかできません。

がん拠点病院 患者の治療分析報告 3月21日 19時22分 – NHK


NHK
がん拠点病院 患者の治療分析報告 3月21日 19時22分
NHK
それぞれの病院がどのような医療を行っているか、がんの種類や年齢などで分類して詳細に分析し、特に、患者の半数を占める胃がんや大腸がん、肺がん、乳がん、それに肝臓がんの「5大がん」については、進行度別に治療内容を明らかにしました。 胃がんと大腸がんの場合、
がん:全国の連携拠点病院患者数など 施設別データを発表毎日新聞

all 4 news articles »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る