切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 完治関連の情報収集

スポンサードリンク

胃がん 完治のことがなんとなく気になりませんか?

Q:胃がんの再発です。治療方法はないのでしょうか?私の父(69歳)は昨年の9月に末期の胃がんで完治は望めない、平均余命は11ケ月を宣告されました。抗がん剤による治療で効果が出た為に今年の3月に何とか手術ができました。胃の3/4を切除し執刀された医師からは見える範囲のがんは切除した今後は抗がん剤で様子を見るという事にになりました。その後退院し自宅療養で最近やっと何とか歩けるようになりました。その矢先先日の検診で黄疸症状が出ており即日再度入院しました。検査の結果胃がんの再発を宣告されました。状況は肝臓のリンパへの転移だそうです。黄疸の症状が日に日に酷くなっています。治療方法は無いと説明され現在は点滴と痛み止めを入れて入院しております。昨年一度は覚悟を決めておりましたが、抗がん剤の効果により延命しやっと元気になった所なので本当に何か方法はないのでしょうか?本人も今回は覚悟を決めたと言っており病院を変えるつもりはないようです。どなたか情報あれば教えて下さい。よろしくお願いします。
A:まだお若いのにお気の毒ですね。文面から見て、発見された時点で末期癌だとの宣告をされたのですね。一時的に良くなりオペもされたようですが、肝臓への転移…。現在の病院での治療以外でこれといった治療法はないのではないか!と思います。これからは終末期医療として、患者さんが苦しまない、痛まない、といった処置をされていくと思います。周りのご家族さまも辛いと思いますが、もっと辛いのは患者さまご本人です。ご家族の皆さんも気をしっかり持って行ってください。
がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る