切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 名医の新着クチコミ

スポンサードリンク

胃がん 名医のことがなんとなく気になりませんか?

Q:60歳の母が胃カメラで組織をとられ、生体検査に回され、大変心配しております。母は健康診断でバリウム検査で粘膜異常といわれ、先日、大学病院で胃カメラをしてきました。その時の先生が技師さんだったのか、医師だったのかわかりませんが、5個くらいできていたものがあったようで、何の説明もないまま、組織を生体に回されたというのです。ポリープとも腫瘍とも説明がなく、結果は2週間も先で心配でなりません。(一言あってもいいのに、最初と最後だけ声をかける程度の若い先生だったようです)いろいろなサイトをみると、ポリープかどうか見た目でわかるようなことが書いてあったので、もしポリープならその場で言ってくれたのではないかと思うと、癌かもしれないという不安感でいっぱいです。母も最悪な場合も考えなきゃと言っており、私も胃がんの名医などネットで探したりして毎日不安な日々をすごしております。バリウム検査から胃カメラ検査、生体検査までに既に1ヶ月くらいかかっており、もし癌だったら、進行してしまわないでしょうか??心配でなりません。結果を待つしかないのは、わかっているのですが、胃カメラを飲んで、できものが見つかったのに、何の説明もなく、生体へまわすということは、癌の疑いがあるということなのでしょうか?同じような経験をされて、結果、なんでもなかった方はいらっしゃるのでしょうか??また、いざという時の為に、よい先生をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。どうぞ宜しくお願いします。
A:胃カメラを飲めば大体生検(バイオプシー)をするものです. ですから先生も普通に対応してしまったのでしょう.胃にはそういった心配が一番いけません. 今は検査中ですのでやきもきしても仕方ありません.大学病院ならもう安心してお任せにしましょう.

13日起浙医二院名医专家号大派送 – 中国宁波网

13日起浙医二院名医专家号大派送
中国宁波网
院附属第二医院开展“名医号大派送”公益活动,其中10个各价值800元的“多学科联合诊治”专家号将免费惠及我区市民。 公益活动涉及病种包括大肠癌、疑难气道疾病、胰腺病、乳癌、心身疾病、恶性脑肿瘤、早期胃癌、难治性

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る