切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 治療とは

スポンサードリンク

胃がん 治療について調べてみました。

Q:私の77歳になる父のことです。 5年ほど前に、初期の胃がんの治療を2回、また長年アルコールを飲んでいたので、肝硬変から初期の肝臓がんの治療を1回やりました。定期検診も異常なしで、いずれも順調に回復していたのですが、去年の12月頃からかぜをこじらせ、呼吸も苦しくまったく食事がとれなくなりました。急性の肺気腫ということでした。1か月ほど入院させて何とか食べれるようになり、退院したのですが、食欲がなく、空腹感がわかないのです。何とか呑み込んで食事をしてますが、いつも胃がもたもたする感じが、とれません。何もすることもなく家でじっとテレビを見て過ごす毎日も苦痛のようで、ますます食欲が、わかないようすです。医者は年だから仕方ないどこも異常がないと言いますが、このまま食欲もない日々をじっと耐えてただ死ぬのを待つのはつらすぎます。なんとか、原因を知りたいのですが、良いアドバイスをよろしくお願いいたします。
A:医師からは異常なしと言われたのですね!二ヶ月位この状態というのは、おかしいですね!精神的なものだと思うのですが、心療内科等に行って検査をしてみてはいかがですか!何かやらないと、このままでは身体か弱ってしまいますからね!お大事になさってください!

東京23区、がん検診相次ぎ拡充 リスク判定や集団受診 – 日本経済新聞

東京23区、がん検診相次ぎ拡充 リスク判定や集団受診
日本経済新聞
区民の健康を増進するとともに、がんを早期治療することで将来の区の医療費負担の削減につなげたい考えだ。 墨田区は新しいタイプの胃がん検診を試行的に始める。ピロリ菌の有無など胃の中の状態を調べることで、将来胃がんになるリスクを4段階で判定する。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る