切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 胃潰瘍 症状の3つのポイント

スポンサードリンク

胃がん 胃潰瘍 症状について調べてみました。

Q:すい炎とすい臓癌の初期症状は非常に似ているというのはどういう症状ですか?胃潰瘍と胃がん、などとは比べられませんが・・
A:急性膵炎は腹痛、発熱、ショックなどの激烈な症状で短時間で命にかかわりますので、全く別の症状です。慢性膵炎は鈍い痛み(みぞおちや左背部)が続き、吐き気や食欲不振、体重減少などの症状がみられることもあります。この慢性膵炎は膵臓癌に症状がにています。ただ、膵臓癌の初期症状であって、初期の膵臓癌の症状ではないことには注意すべきです。黄疸がでやすい一部の部分にできた膵癌を除き、相当進行するまで症状が出ませんので、このような症状の時には既に手術は不可能、最重症の4期になっていることも少なくありません。

日本人は胃がんになりやすいが十二指腸潰瘍にはなりにくい – 東大が発見 – マイナビニュース


マイナビニュース
日本人は胃がんになりやすいが十二指腸潰瘍にはなりにくい – 東大が発見
マイナビニュース
人類の約半数が感染しているというヘリコバクター・ピロリ菌は、胃がんや胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因となることで知られている。だが、感染者の内でこれらの病気になる人はごく一部であり、また同じピロリ菌が原因にも関わらず十二指腸潰瘍の患者は胃がんになりにくいこと

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る