切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 初期の選び方のコツ

スポンサードリンク

胃がん 初期のことがなんとなく気になりませんか?

Q:母が胃がんと診断されました。この前母が会社の健康診断で初期の胃がんだと発覚しました。まだ初期なので薬や放射線治療を中心に治療するそうです。父は家のことは全部母にまかせっきりだし私も下に兄弟がいるので母が入院するだけで大騒ぎです。それに症状は初期という事でしたが、ガンのイメージ的にいろんなところに転移しているんじゃないかと心配です。一日も早く母に元気になって欲しいです。どなたかガンに効果のある食材や飲み物、漢方などご存じないでしょうか?なんでも結構ですのでどうか情報をお願いいたします。
A:でしたら中国でがん治療に用いられてるカイジという漢方薬をおすすめします。漢方なんで身体に負担がないし安心して服用できますよね。私の父も以前初期の胃がンと診断され質問者様と同じ気持ちでガンについて調べたところカイジの商品を発見しました。カイジは日本では健康食品として取り扱われていますが、中国ではガン抵抗を上げる効果があると結果もきちんと出ているの商品です。初期のガンで見つかったのは本当幸運ですね。その運を無駄にしないためにも続けて医者の治療を受けたり食事に気をつけるなどと治療のひとつとしてお試しになってみてはいかがでしょうか?ホームページをのせておきますね。少しでもお役にたてたらと思います。http://www.kaijikaryu.com/hpgen/HPB/categories/57465.html

難治性肝腫瘍で生存率改善 微小球放射線塞栓療法 – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

難治性肝腫瘍で生存率改善 微小球放射線塞栓療法
共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
胆嚢がん(41)神経内分泌がん(40)肝細胞がん(27)すい臓がん(13)乳がん(11)胃がん(9)その他のがん(71)などから転移した肝腫瘍患者212人のうちSIR-スフェアズ微小球による治療を受けた180人の患者の平均生存期間は9・5カ月だったのに

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る