切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 腹膜播種について

image01_220x146_13
スポンサードリンク

胃がん 腹膜播種について調べてみました。

Q:母(59歳)が胃がんの為、全摘手術をする予定でしたが、開腹したところ腹膜播種を起こしていて手術が不可能という事でそのままお腹を閉じてしまいました。限りなくⅣに近いステージⅢとの事です。今後は自宅で抗がん剤治療していく事になりましたが、もっと他に方法がないのか探しています。探せば探すほど、いろいろな方法は出てくるのですがどれも決め手に欠けると言いますか、決めてしまって良いのか分からなくってきて途方に暮れています。どなたか身の周りで同じ様な人がいらっしゃいましたら、体験談などお聞かせ願えないでしょうか?よろしくお願いします。
A:ハッキリと書きますが腹膜播種で閉腹するような状況では通常の治療では絶対に治りません治る可能性のある方法が一つだけありますがそれでも厳しい事は理解してお読み下さい殆どの医師が腹膜転移は姑息治療と緩和ケアしかしません腹膜には放射線治療出来ません腹膜内には血管が無いので抗がん剤の効果も限定的です残るは手術だけですが腹膜播種の手術を専門に行なっている医師が日本に一人だけ居ります米村豊大阪、岸和田病院http://www.kishiwada.tokushukai.or.jp/subject/06geka.html滋賀、草津総合病院http://www.kusatsu-gh.or.jp/newhp/sukirusu/html/index%20sukirusu.htm月に1回ですが静岡でも診察はしています池田病院http://www.ikeda-hp-g.or.jp/?mid=indexhttp://fukumakuhashu.web.fc2.com/sinkan.html治療内容やこの手術による5年生存率等は上記の本に書いてあり何のデーターも示さずに治りましたとか言ってるエセ治療とは違います通販以外にも先3病院の売店でも売ってますのでお近くでしたら直接買いにいかれた方が早いですね術で零れ落ちたものを叩きます腹膜播種は略100%の医師は姑息治療と緩和措置しか取らない逆に言えば通常の治療では完治は100%有り得ないのですがこの手術では完治された方が沢山おられますしかし再発して亡くなられる方の方が数倍多いのも事実ですまた、外科医の驕りとも取れる乱暴な手術でもありますので術後の後遺障害については切除範囲が何処までなのか?でも人によっても違うので何とも言えませんがQOLが気になるようでしたら止めておいた方が良いです手術の途中で予定外の臓器に転移があっても生命に直接関係無い臓器ならば切除する選択をするそうですそして何よりも問題なのがレジメンにもエビデンスにも反する手術ですのでこの手術を受けた患者はまともな病院では受け入れてもらえませんこれが何を意味するのかよく考えて下さい先の3病院に通院出来ない場合ですが(大阪か滋賀か静岡)もし再発してしまった時は生命維持と緩和ケア以外は殆どの病院が拒否するのは確実ですそれでも完治する可能性に掛けてみたいのであれば連絡してみたらいかがでしょうか?実績もかなりありますのでモルモットになるんだ等そのような考えは必要ありませんが、日本で一人しか行っていないそれだけ厳しい手術だと言う事は理解しておいて下さい手術を受ければ完治するかもしれません手術を受けずにそのまま死を迎え入れる方が楽かもしれませんその選択は誰もしてくれませんしかし決断が遅くなればなる程完治する可能性は減りますまた、全国から患者が集まる医師ですので受診から手術までは早くても2ヶ月程度は掛かります手術を受ける、受けないは別にしてもセカンドオピニオンは急いだ方が良いと思いますよ

小沢元代表と仙谷氏が談笑=病歴話題に盛り上がる – 時事通信

小沢元代表と仙谷氏が談笑=病歴話題に盛り上がる
時事通信
昨年10月も尿管結石で緊急入院した。一方、仙谷氏も胃がんを患った経験がある。 消費増税に反対姿勢を鮮明にする元代表と推進派の仙谷氏は、政治的立場は大きく異なるが、この日はこれまでのわだかまりを超えて、互いの体をいたわり合ったようだ。(2012/04/10-22:38)

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る