切除 末期 余命 進行 病院

ピロリ菌 胃がんについての記事紹介

スポンサードリンク

ピロリ菌 胃がんについて調べてみました。

Q:鳥肌胃炎について今日、胃カメラをしてきました。そもそも、なぜ胃カメラをしたかと言うと、簡易検査で大腸と胃に陽性反応が出たため不安になり今までに一度も検査をした事がなかったので、病院に検査をしました。胃と腸を一緒に検査してもらいたかったのですが、同じ日に出来ないと言われ、今日胃カメラだけしました。初めての胃カメラは、思っているより痛く、涙、嗚咽でした。なんとか無事検査を終えて、検査結果を聞いた所、鳥肌胃炎と診断されました。先生いわく、胃がんの心配はないと言われ、次回の大腸の予約をして帰りました。家に帰り、診断された鳥肌胃炎の事を調べるとピロリ菌が出てきました。実は最初の診察に行った時に、胃と腸の紹介状を持っていき、その時、ピロリ菌の検査をして欲しいと言いました。先生はピロリ菌の検査は出来ないと言いました。なんでも保険?の関係があると言われたので…なので、その時、実費で良いのでしたいと言いました。ですが、鳥肌胃炎と診断されてもピロリ菌の「ピ」の字も出て来ませんでした。胃カメラも写真を4枚撮っただけで終わりました。これは後日、別にピロリ菌の検査をするって事になるんでしょうか??いろいろ見てると、鳥肌胃炎はピロリ菌になってると書いてるのですが…そもそも鳥肌胃炎の人がピロリ菌出ましたと書かれてるのはその日にピロリ菌と診断されてるのでしょうか??また、別の日に検査するのでしょうか?次回の検査の時に先生に聞こうと思ってますが、知ってる方教えて下さい。
A:胃炎と診断された場合、ピロリ菌の検査や除去には健康保険が適用されず、全額自己負担の自由診療となります。胃潰瘍と診断された場合のみ、ピロリ菌の検査や除去が健康保険適用になります。国の決まりで混合診療は禁止されており、健康保険による診療と自由診療は完全に分離しなければなりません。私は胃カメラで委縮性慢性胃炎と診断されましたが、胃カメラの結果を聞くときにピロリ菌検査を希望したところ、その日のうちに、自由診療用のカルテを新たに作り、尿検査によるピロリ菌検査を行いました。結果、陽性でしたので、ピロリ菌除去、除去後の再検査とすべて自由診療、全額自己負担で済ませました。検査が5千円くらい、除去の薬が1万円ちょっと掛ります。

東京23区、がん検診相次ぎ拡充 リスク判定や集団受診 – 日本経済新聞

東京23区、がん検診相次ぎ拡充 リスク判定や集団受診
日本経済新聞
墨田区は新しいタイプの胃がん検診を試行的に始める。ピロリ菌の有無など胃の中の状態を調べることで、将来胃がんになるリスクを4段階で判定する。 12年度は30歳、35歳など節目の年齢の希望者1600人を対象に実施する。がんになる可能性が高いと判定された人には精密検査

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る