切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 腹膜播種を調べました

スポンサードリンク

胃がん 腹膜播種について調べてみました。

Q:末期がんの手術は適切でしょうか??祖父(83歳)が、7月に胃がんの末期で手術をし、胃も取りました。腹膜播種性転移でした。腹膜の転移については、手術する前から分かっていました。治療も何もないので、主治医に帰ってもいいよと言われ3週間の入院で終わりました。祖父は、現在家にいて元気です。食事もします。毎日、お腹が空いたと言ってきます。ネットでいろいろ調べてみると、末期がんの場合の手術は逆に寿命を縮ませることになると書いてありましたが、本当でしょうか?祖父が、手術したのは延命のためだったと思います。手術しなければ、2か月でダメになると言われていたので。また、末期がんの場合一時的に食欲が戻ったり、元気になると聞きましたが本当でしょうか?主治医の先生に、このまま行くと年を越せるかなと言われているのでやはり元気にしていてもそれは一時的で、年越し分からないということでしょうか?詳しい、アドバイスお願いします。
A:89歳の祖母が胃がんでしたが、胃の入り口を塞ぐ様な癌だったので手術しました。手術しなければ、そのまま一生病院から出られなかったと思います。退院後、確かに食欲増進(ちょっと異常なまでの)、一時的に元気になりました。でも、ボケと癌が同時進行し・・・一年後には肺に転移しました。同じかどうかは判りませんが確かに手術は寿命を縮ませるものですので、急を要する原因があったのだと思います。最後は家で過ごしたいという本人の要望もあったかもしれません。いずれにしろ、一緒に過ごせる時間は少ないですから、色々話をしておいた方が良いと思います。

[大弦小弦]「胃がんになる恐れがありますが… – 沖縄タイムス

[大弦小弦]「胃がんになる恐れがありますが…
沖縄タイムス
胃がんになる恐れがありますが、どうします」。検査結果を手にした医師が開口一番、尋ねた ▼ピロリ菌が我(わ)が胃で増殖していた。その菌の発見者は、ノーベル医学生理学賞を受賞したが、一人は胃にいるのを証明するために菌を飲み、発症した逸話もある。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る