切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 自覚症状で生き延びる方法

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん 自覚症状についてです。

Q:悪性腫瘍(癌)を宣告されました。30代半ばの友人(女性)の話です。がん自体は初期中の初期の胃がんだったみたいなので、内視鏡切除で消えました。ただ、他の場所からの転移による可能性があるので、これから体全体を調べることになりました。どのような検査になるでしょうか。また、自覚症状は全くありません。もし、他の場所からの転移であった場合、どんながんが考えられますか?毎日不安でたまりません。ご意見よろしくお願いします。
A:主としてPETという機械で画像を取ったり血液検査したりを定期的にしていく感じになります。胃がんが転移して別の臓器で見つかった場合もやっぱり胃がんという名称で扱います。ただこの場合、既に遠隔転移ですので見つかった時点で残念ですが末期癌という事になってしまいます。再発しない事を心より祈るとともに質問者さん達が怪しげな代替医療や根拠のない情報に惑わされない事を切に願っています。

特殊光で予測する「がん病変」 – タウンニュース

特殊光で予測する「がん病変」
タウンニュース
「早期の食道がんや胃がん、大腸がんは自覚症状に乏しく、症状が出た場合は、かなり進行した状態である場合が多いです」。高解像度のデジタルハイビジョン内視鏡を取り入れるなど、手遅れにならぬよう、見逃しのない診療を日々心がけている。

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る