切除 末期 余命 進行 病院

腫瘍マーカー 胃がんには困らない

スポンサードリンク

腫瘍マーカー 胃がんについて調べてみました。

Q:10年前に胃がんで3分2を切除しました。今だに後遺症で苦しんでいます。食事後直ぐ排便、夜中にガスで目覚めたり、空腹時のめまいや動悸など…また術後一年でリウマチ疾患が再発し、薬を服用しています。薬漬けで嫌ですが…今51で生きていることにはDr.にはとても感謝しています。今だに腫瘍マーカーの数値が高くペットct定期検査にて経過観察中です。働きたいのですがなかなか無いのが現状ですね。皆様はどの様に対処されてますか?教えて頂けたら幸いです。
A:主人は45歳で胃は全部取りない状態なので、なるべく食べたいときに食べたい物(最初はほとんど菓子類でした)を食べるようにして、術後20キロ減った体重を10キロ戻しました。つねに一口お菓子などを持ち歩きダンピングの症状は抑えています。トイレは食事中にも行くことはありますが、それは以前からそうだったので気にしていません。ガスもトイレに行くようですが、これも以前からでした。転職はしましたが仕事は以前のように働いています。(薬は高血圧と通風。ビタミンB12は注射です)ですが、食事取り方はかなり注意しています。少しでも噛みかた飲み込みかたを間違えると不具合が起きるからです。そして時間も人の2倍も3倍もかかります。そのため、家族以外の人との食事は避けています。会社の宴会にも行きません。人目が気になるからです。私は家族としてトイレや食事時間などプレッシャーをかけないようにしています。そして、前向きな会話しかしません。ですが、胃の摘出手術をした人の後遺症はかなり個人差があるようです。一概にがんばってとか、気にしすぎだとかは言えません。あなたはあなたのやり方で乗り切るしかありません。ただ言えるのは、胃が1部でも残っていれば元に戻すという気持ちは大切だと思います。

CEA(がん胎児性抗原) – healthクリック

CEA(がん胎児性抗原)
healthクリック
そのため、がんの治療効果や、再発の有無を確かめるための腫瘍マーカーとして測定される。ただし、高い値が検出されても、がんを発症しているとは限らない。そのため測定結果は、ほかの検査結果などとともに、総合的な判断の材料とされる。大腸がんや胃がんなどの消化器の

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る