切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 食事療法の最新人気

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん 食事療法についてです。

Q:進行胃がんへの補助療法について教えてください。免疫療法、温熱療法、ハイパーサーミァなどいろいろありますがどれが本当に効果があるのでしょうか?その他に食事療法、フコンダインなどインターネットで調べればいろいろでてきます。実際に効果があった方や科学的に根拠があるような物があればなんでもいいので教えて下さい。よろしくお願いします。母を一日でも長く生きさしてあげたいです!!
A:お母様が癌なのですね。。。私の父は去年末胃癌で亡くなりました・・・。癌が見つかって3年生存でした。父も色々試しましたが、割と本人も苦にならずにやってたのがプロポリスやキョーレオピンというニンニクから抽出したものをカプセルに入れて飲むものでした。キョーレオピンを飲むと元気が出るみたいで体調が良かったようです。キョーレオピンは薬局での取扱いで、特約店みたいな薬局で売ってます。あと、ハイパーサーミアも受けましたが、すでに進行が末期になっていたので1度受けたあと体調が急変して1ヶ月ももたずに亡くなりました。。。ハイパーサーミアは保険適用になりましたが回数に制限があります。ハイパーサーミアは痛くもなくとても気持ちが良かったみたいです。私的には免疫療法がいいのではないかと思ったのですが保険適用ではない為 何百万という大金が必要だった為断念しました。もし、免疫療法やハイパーサーミアをされるのであればできるだけ早く始められたがいいと思います。ですが、私は父に言ってました。頑張ることは必要だけど、辛い時には頑張らなくてもいいんだよ。お父さんがやりたくないと思った治療はやらなくてもいいよ と。あと、治療ばかりに頼らないで 本人の免疫力を上げることも必要です。そのためには、本人が毎日笑いを忘れないという事です。笑いは免疫力を上げてくれます。それと、治療ばかりをしていては本人も家族も精神的に参ってしまいます。父の癌が見つかって父は3回の手術をしました。1回目と3回目の手術のあと、傷が良くなってから父を旅行に連れて行きました。体がきついから行きたくない と最初言ってた父でしたがいざ旅行に言ったら 体調がとても良くなって長い距離もにこにこして歩いてました。気分転換も必要かと思います。とても辛いことを書きますが、進行性の癌であれば 辛いですが治療も必要ですがお母様との思い出を作ることもして下さい。お母様も辛い治療の中にも ご家族との思い出を少しでも増やしたいと思われるでしょうしご家族にとっても お母様との思い出を一つでも増やしておくことはのちのち大切な宝物になります。私も 去年・一昨年と父を沖縄に連れて行ったことが大切な思い出、宝物になりました。お母様が一日でも長くご家族と過ごせることをお祈りしています。あなた様もお辛いでしょうが、お母様に頑張れ頑張れと言わないで下さいね。癌患者はとても辛い治療を頑張っておられます。人に言われなくても頑張っておられるのです。だから頑張ってとは言わないであげて下さい。長々とすみません。お母様の笑顔が一日でも多く見られることを心よりお祈りしております。

全国初、愛知にがん手術ロボ訓練施設 – 中日新聞


中日新聞
全国初、愛知にがん手術ロボ訓練施設
中日新聞
ダビンチを使った胃がん手術の国内第一人者である同大の宇山一朗教授がセンター長を務める。 「ダヴィンチ低侵襲手術トレーニングセンター」は、ダビンチを開発した米インテュイティブ・サージカル社と契約し、公認プログラムを実施。ダビンチを導入する医療機関の外科医

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る