切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 切除の最新人気

スポンサードリンク

胃がん 切除について調べてみました。

Q:まだ110歳までは來ていない父の腫瘍マーカーCEAが初めて9.2の異常値を示しました。2ヶ月前の検査では正常でした。血便は一度も出たことがありません。若い時より過敏性腸症候群の毛がありこの10年間日に2-3度程度の排便があります。、コンスタントに黄色の便が出ています。また便の変色もありません。体重は47kgで成長してから90年間ほぼ不変です、数年間嚥下困難による軽度の栄養不良でで軽い貧血があり、以前からほぼ同じぐらいの値のヘモグロビンは10、ヘマトクリット30がやや異常値除いて全ての血液検査が正常です。また持病に胆嚢炎、軽い慢性気管支炎があり、そちらが原因の可能性もありますが。血中酸素飽和度は97-99CTでは素晴らしい外見で肺に異常は認められません・ 可能性は低いでしょうが「仮に早期胃がんが原因として」、超高齢による癌細胞分裂スピードの鈍化を考慮に入れて、何年後ぐらいに「癌による」死にいたるでしょうか?脳梗塞による嚥下障害があり、手術は不可能、内視鏡的切除もまず無理です。とりあえず便潜血検査をします。1度だけの検査ではまだ腫瘍とは断定できませんが・
A:質問者さんが言われているように一度の検査で、しかも9くらいの数値であれば癌とは言い切れません。検査を進めましょう。また仮に癌であって手術、抗がん剤、放射線療法などが不能としても余命を推定するのは困難です。すでに超進行がんであれば、もう1か月ほどしかもちそうにないなどのある程度の予測はつきますが、年・発見時の大きさ・組織型・転移の有無・重要臓器への浸潤などいろんな要素がありTVなどで言われる余命の宣告は実際はそう確かなものではありません。検査を進めて医者の判断を聞いてください。お大事にしてください

微小がん光らせ早期発見 – 中日新聞


中日新聞
微小がん光らせ早期発見
中日新聞
同センターによると、進行した胃がんでは、切除しても再発することが多く、術後5年間の生存率は約30%と低い。再発原因の6割以上が腹膜への転移とされるが、転移した病巣は非常に小さく、手術時に肉眼で見つけるのは難しかった。 写真.

and more »

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る