切除 末期 余命 進行 病院

胃がん ガイドラインの失敗?

スポンサードリンク

胃がん ガイドラインのことがなんとなく気になりませんか?

Q:重たい内容で恐縮です・・・主人(34歳)が胃がんで受ける手術について・・・健康診断で胃の再検査を勧められ、その後精密検査(内視鏡)を受けた所、胃ガンがみつかり、その後もろもろ検査を受けた結果、手術をすることになりました手術については①腹腔鏡でお腹の数か所に穴を開けて胃の2/3を切除するか、②内視鏡(ESD)で悪い部分のみを切除するかのいずれかの方法があるらしく、医者は①を勧めますが、本人としては②でやりたいと思っているようです。医者のニュアンスは「早期(T1N0M0 大きさ約2.5㌢)なので内視鏡でできなくもないが・・・」といった感じです。医者が内視鏡を躊躇する最大の理由は「未分化で潰瘍痕」があるからのようです。色々調べた所、現在のガイドラインでは主人のような場合、胃切除が一般的なようですが、拡大適応といってESDでもやれなくはないようです。そこで知りたい事は、①未分化や潰瘍痕があっても1度ESDでやってその後の病理検査で異常がなかったら取り切れた(完治した)と思ってよいでしょうか。②ESDでやったのち、病理で異常があった(取りきれなかった)場合、再手術(腹腔鏡)になるかと思いますが、そうしたステップを踏むことにリスクはありますでしょうか。とても重たい質問で大変恐縮なのですが、どなたかお考え、お力添えを頂ければと存じます。よろしくお願い致します。
A:私なら、医者がすすめる1番の治療を選びます。そちらの方が、リスクが少なく、予後がいいと判断されているからです。後から後悔したくないので、「出来なくもないけれど・・・」と、消極的なニュアンスの感じれる方法は選びません。質問の答えになっていなくてすいません。

【ニッポン病院の実力】胃、食道がんの検査・治療のパイオニア – ZAKZAK

【ニッポン病院の実力】胃、食道がんの検査・治療のパイオニア
ZAKZAK
食道がんや胃がんでは、がんが粘膜の下の方まで進行していると、多くの場合、手術の適応になる。臓器の一部あるいは全部を切除し、がんの進行度合いによってはその周辺のリンパ節も取り除く。治療ガイドラインで定められている治療法で広く普及しているものの、新たな検査

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る