切除 末期 余命 進行 病院

胃がん 検査方法の最新価格

スポンサードリンク

胃がん 検査方法について調べてみました。

Q:60代の健康診断、人間ドック60代の親が長らく健康診断や人間ドックにかかっていないので受診したいと思っています。高血圧と軽度の糖尿病、5年ほど前に大腸の良性ポリープの切除をしています。(検査で見つかってそのまま切除)漠然と脳梗塞、心筋梗塞、胃がん、大腸がん…高齢者の病気、倒れて寝たきりになりそうなものはこれぐらいしか思いつかないのですがすべてを検査するのは難しいにしても死亡原因や寝たきりの原因などからこれだけは受けたほうがいいというような検査項目はどんなものになるのでしょうか?市民病院の人間ドックでもある程度分かるものなんでしょうか?特に気になるのが脳梗塞と大腸がん、胃がんなんですが検査方法もMRIやCTスキャン、ペット検査などいろいろありますがどれがいいのか等も分かりません。質問範囲が広くなってしまいましたがご存知の方いらっしゃいましたら回答よろしくお願いします。
A:確かに色々な検査がありますが、一度にあれもこれもやったら体に対しての負担が大きくなるので、とりあえず普通の人間ドックと大腸検査位に留めて、あとは検査結果を見て医師と相談して追加検査をしてはどうでしょうか。

検診のすすめ がんから身を守る – 秋田魁新報


秋田魁新報
検診のすすめ がんから身を守る
秋田魁新報
ウイルスや細菌の感染の有無を検査で把握し、感染している場合は治療することも、がんを防ぐ方法。肝臓がんになりやすい肝炎ウイルスや、子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス、胃がんの危険因子であるピロリ菌などは要注意だ。 戸堀さんは「生活習慣で

がん治療記事
スポンサードリンク

関連記事



アーカイブ

ページ上部へ戻る