胃がん ステージ1a期を調べました

スポンサードリンク

胃がん ステージ1a期について調べてみました。

Q:妻の実家の祖父の入院の保証人になるのは、ありえない事ですか?長文失礼します。私は既婚(女)で、実家から車で10分程度の家に嫁ぎ、現在義両親と同居中です。最近実家の祖父(83歳)が体調不良を訴え、今週末に胃がんの可能性、さらに腎臓がんからの骨転移の可能性も指摘され、週明けに精密検査の為入院する事になりました。その入院の身元引受人は祖父と同居している父なのですが、連帯保証人は住所が一緒の家族ではダメだと言う事で、私の夫に依頼されました。夫は快く引き受け、さっそく本日提出する用紙に記入、捺印をする為に、私の実家に行ってくれたのですが、それを知った姑に、「普通はしない、ありえない事」だと言われて、今とても落ち込んでいます。姑の考えでは嫁に行った娘は、他家の人間なのだから、昔ならありえない事貴方の家は女系だから、成せるのよね(私の実家とは母方の事で、父は婿養子、私も三姉妹で全員結婚し、後継ぎナシ)長男がしっかり後を継いでいるような家では絶対にできないとの事です。ちなみに今までは、近所に住む祖父の弟に頼んでいましたが、現時点で、あまりに重病かつ曖昧な為、「ちょっと体調が悪いので検査入院」との嘘の説明で、連帯保証人を依頼するのは躊躇われますし、親族一同に詳しく説明するのは病状がわかってからのほうが良いのではないか、という祖父や両親の考えから、このような判断になりました。祖父の病状を知っているのは、他県に嫁いだ叔母と、私と、妹二人(ともに既婚)で、単に私が一番家が近かったから、依頼されました。また、祖父は資産家で、連帯保証人になったからと言って、入院費の請求が私たち夫婦に回ってくるような事は万に一つもないと考えております。そえは姑も知っていると思います。姑は、私や実家を強く批判した訳ではないのですが、普段から、自分が嫁いできた時の苦労話をし、私がいかに恵まれているかを語る事があります。その時によく出される言葉が「女系一家だから」というフレーズでいつもは聞き流しているのですが、今回はどうしてモヤモヤしてしまって、どうにも消化できません。半分愚痴になってしまいましたが、私と私の実家の感覚は、やはり女系だからずれているのでしょうか?
A:女系というのは関係ないと思いますよ。ただ、あまりそういうケースは耳にしないのは事実です。もちろん、それぞれのご家庭の事情があるので、世間がどうのこうのというより、そこは自分達の事情に併せて柔軟に対応してしかるべきことです。今度姑さんが、そう言うことを口にされた時は、女系がどうとかは関係ないです!!とはっきりといわれても良いのでは?と思います。【補足について】補足の内容を見れば、姑さんの言い分というは、優先順位の考え方含め、旦那が婿養子でなくあなたが嫁として嫁いだ立場ということでは、一般的な感覚からいえば、道理は通っているとは思います。ただ、その原因が女系ならではというのは、ややこじ付けであるとは思いますし、あなたが不快感を得るのは当然ですね。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る