早期胃がんの最新レビュー

スポンサードリンク

早期胃がんについて調べてみました。

Q:60代男性です。早期胃がん全摘手術をして2週間後に退院しました。その直後から下腹部がポコッと膨らみ違和感を覚え、術後検診で診てもらいました。ヘルニア(脱腸)との事で放っておくと腸が腐ってしまうそうで、慌てて手術の予約をしました。今までヘルニアの気など全くなかったので、手術の後遺症かと聞いてみたのですが担当医いわく「そこは、触っていない」と即答されました。腹腔鏡下幽門側摘出手術で2/3摘出後残した方にも癌が見つかったため、開腹術に切り替え全摘しRY再建しました。素人考えですが、食道と腸を繋いでいるので、なんらかの原因で脱腸してしまったのでは?と考えています。でなければ、今回の手術に関係なく同じタイミングで発症したのでしょうか?どなたか、同じ体験をされた方がいらっしゃったらお聞かせください。また、ヘルニアの手術をしなくては、完治できませんか?アドバイスお願いします。
A:下腹部とは足の付け根あたりでしょうか?それならばそけいヘルニアといい、胃がんの手術とは全く関係ありません。一方、全摘の手術創に出ているのならば腹壁瘢痕ヘルニアといい、手術の合併症の一つです。いずれにせよ脱腸は手術以外に治す方法はありません。しかしながら腸が出入りしているだけでは特に命に別状はありません。ただ出た腸が戻らなくなった場合を嵌頓(かんとん)といい、こうなると腸が腐ることもあります。嵌頓はいつ起こるかは全く分からず、手術しなくても一生起こらないかもしれませんし、明日嵌頓するかもしれません。嵌頓を予防する為には手術しかありません。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る