進行性胃がんの最新情報

スポンサードリンク

進行性胃がんについて調べてみました。

Q:全く同じジェネリック薬品って存在するのでしょうか?ステージⅣの進行性胃がんで抗がん剤治療を1年半しています。余命3ケ月と宣告されたものの、今の薬が合ったのか少しづつですが小さくもなっている現状です。ですが、ここ4回程の治療の際突然ジンマシンが出るようになりました。前回はかなり酷く出た為に途中で治療を中止した程です。担当医によれば薬のメーカーが変わったからかなぁと当初の話でしたがよくよく聞いてみれば一部がジェネリックになったとの事でした。その後病院サイドは会議やら、薬剤師等で色々と成分を調べた結果変えた薬は以前の物と全く一緒だったとの説明です。・・・と言うことでジンマシンが出たのはたまたまか、同じ薬を使っていたからか分からないとの結論に達しました。4回も出てるのにたまたま?ジェネリックはあくまでコピー品なので全く同じ物は無いと聞いた事があります。又、中には有害な物が入っている場合もあるとの文献を読んだ事もあります。病院としては同じ薬と結果が出た以上元の薬に戻す事は出来ないとも言いました。でも家族としては、実際症状が出ているのに納得がいきません。調べたと言っても自社の病院内だけの結論じゃないの?とも思ったりもします。全く同じ成分の薬なんて存在するものでしょぅか?又、このような場合病院を移るしか手はないのでしょぅか?現在通っているのは一応は市民病院ですが、癌指定病院と言われる所ではあります。
A: ジェネリックの条件は薬効成分が同じであり、それが同じ量だけ入っているというものです。したがって基剤(薬を固めている成分、溶かしている成分、外皮に当たる部分)は別である可能性は高いのです。そして薬の放出のされ方や、効き方は、その基剤の部分の作り方がキモという場合も多いのです。各薬剤会社はそこまではオープンにしてませんから。そのためか臨床の現場でも、ジェネリックでも効果が変わらないことも多い一方で、明らかに効果が悪くなったケースも経験しています。そのため、基本になる大事な薬では、ジェネリックをお勧めしていません。結局元の薬品は、厳密に管理され、副作用報告も厳密に行われており、結局は安全ですので。 アレルギーは薬効成分のみならず基剤で起こることもあります。したがって薬効成分が同じでも、一方のみでアレルギーが起こることは十分あり得ることです。ただジェネリックに関しては、医者も良く知ってはおらず、判断ミスも起こりえるのが現状です。 ただし抗癌剤の中にはアレルギーをおこすものもあり(タキサン系など)、同じ薬剤を使っても、中途から出てくることもあります。そちらの可能性もあり得ますね。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る