胃がん ステージ 生存率についての記事紹介

スポンサードリンク

胃がん ステージ 生存率がちょっと気になっています。

Q:※長文です。大切な人が余命宣告を受けました。どのようにして気持ちの整理をすれば良いのでしょうか。先日、父(53歳)が『スキルス性胃がん』という告知を受けました。ステージは4。既に範囲が広がっていて胃を摘出することすらできない状態で、これから投薬治療が始まります。医師の先生から受けた余命宣告は3ヶ月。どんなに治療が上手くいっても、5年生存率は5%以下と言われたそうです。私も、最近父が健康診断に引っかかって病院に何度も足を運んでいることは知っていましたが、父はもともと糖尿病予備軍だったのでそのことだと思っていました。そんな矢先にこの病名を知らされて…正直未だに現実を受け止められていません。正直今まで私は父のことを嫌っていたんです。(反抗期の延長とでもいうのでしょうか)けれども、自らの病気について説明する父を見て、この人が本当にいなくなってしまうのだと考えるとどうしても涙が止まらなくて。それが数日経った今でも変わらないんです。もちろん父の目の前では泣くことなんてできなくて、なるべく普通に、優しく接するようにしているのですが、やはりふとした拍子に思い出して辛くなるんです。母も普段通り明るく振舞っていますが、父がいなくなったとたんに表情がガラリと変わります。普段明るくて簡単に弱みを見せない母だからこそ、どれだけ事態が深刻なのかを思い知らされるんです。当の本人は、「病気なんかに負けずに1年でも2年でも生きてやる」と前向きです。(家族に心配かけまいと無理してるだけなのかもしれませんが…)第一目標は私の成人式を見ることだと笑顔で言っていました。前向きでいてくれるのは嬉しいけれども、私としては成人式だけじゃなくて結婚式も見て欲しいし、一緒にバージンロードを歩いて欲しいし、孫の顔だって見て欲しいです。…ずっと長生きしてほしいんです。けれども自分の力じゃどうにもできないことも分かっていて。父のために何ができるのか、どのように過ごしていけばいいのかを考えているのですが、どうにも答えが分かりません。けれども考えている間にも父の時間はなくなってしまうんです。…内容が内容なだけに、簡単に友人に相談することもできず困っています。だれか、私にヒントを与えてくれませんか。お願いします。長文・乱文失礼致しました。
A:一緒にいてあげよう。なるべく一緒にいてあげよう。何も話さなくてもいいから顔みせてあげよう。俺も明日病院に行く。俺のじいちゃんも必死で生きようとしてる。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る