胃がん 食事の最新情報

スポンサードリンク

胃がん 食事がちょっと気になっています。

Q:スキルス胃がんと腹膜播種について閲覧下さり有難う御座います。9月下旬に人間ドックの胃カメラ検査で50代の父親に胃がん(ステージ2)が見付かりました。2ヶ所あり、一つは盛り上がった形の胃がんで、もう一つ胃の入口付近にスキルス胃がんが発見されました。CTと腸へのバリウム検査の結果、リンパや肝臓、肺などに転移は見付からず、10月下旬に胃を3分の2摘出する手術が決まったのですが疑問があります。一つ目。お医者様は手術後に抗がん剤(TS-1だと思われます)と仰っていましたが、スキルス胃がんの場合、手術前に抗がん剤治療を行わなくて宜しいのでしょうか?開腹手術をした際に、腹膜播種が見付かる可能性もあるんですよね?あと、スキルス胃がんなのに胃を全摘ではない事に疑問を感じました。二つ目。お医者様は発見が早かったので転移する可能性は数パーセント程度です。普通に食事や飲酒もOKなので、安心して下さいと仰ってましたが…大変失礼ですが、本当なのでしょうか?因みに本人は特に身体に異常はない様子です。強いて言えば、癌と告知されてから便通が良くなり過ぎて2キロ体重が減ってましたが^^;恐れ入りますが、宜しくお願い致します。
A:1,手術前に抗がん剤治療を行わなくて宜しいのでしょうか?スキルス型だからといって術前化学療法を行うと言うことはないと思います。胃がんに対する術前化学療法の効果については明らかな科学的根拠に乏しいため現時点ではお勧めできるようなものはありません。術前検査により切除不能(つまり腹膜播種が明らかだとか、他臓器転移が明らかなような状況)であれば化学療法を優先することもありますが、そうでなければ(つまり術前検査で切除可能と判断できれば)基本的にはまず手術を行い、術後に判明する進行度から術後補助化学療法の必要性を検討します。もちろん術中に播種が分かることもあり得ますが、そこは医学の限界というほかありません。また術式についてはここでは議論は難しいのですが、これもスキルス型だから全摘ということはありません。問題はできた場所と,腫瘍の進展範囲です。つまり全摘が必要かどうかは胃カメラ・胃透視・CTなどの所見から判断されます。また術中に断端を迅速検査に出して腫瘍の有無を確認することもしています。なので術中判断で全摘にすることもありえます。2,お医者様は発見が早かったので・・・・本当なのでしょうか?これもやはりここでは議論しにくい問題です。転移の可能性は腫瘍の深達度(深さですね)と組織型が重要となってきます。深くなればなるほど当然転移の可能性は上昇しますし、低分化であればあるほど悪性度が高いので転移しやすくなると思われます。スキルス型というのは一般に低分化な胃がんですので転移しやすいのですが、だからといってそれにも当然早期のものは存在します。お父様がどの程度の深達度なのかはここでは不明ですが、粘膜にとどまるようなものなどは転移の可能性はやはり低いです。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る