胃がん 1a期を調べました

スポンサードリンク

こんにちは、今日は胃がん 1a期についてです。

Q:子宮頸癌について。子宮頸癌の確率ってどのくらいなのでしょうか?日本人は胃がんや大腸ガンが多いーと聞きますが、女性は子宮頸癌もすごく増えてるとテレビなどでみかけます。以前、私も怖くなり子宮頸癌の検査を受けに行き先生に子宮頸癌が怖いと告げた所、あまり気にする事はないよ。確かに子宮頸癌は増えてきてはいるけどあまり心配する事ではないと言われました。私に安心させるためだったのかもしれませんが、子宮頸癌になる確率って全体の何パーセントくらいなのでしょうか?また、胃がんや大腸ガンに比べて子宮頸癌は何番目くらいですか??詳しい方いらっしゃいましたら回答宜しくお願い致します。また、検査は二年に一回で大丈夫でしょうか?宜しくお願いします。
A:死亡者数に関しては厚生労働省により発表されています(2012年度)http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei11/dl/11_h7.pdfこれは子宮頚がんと子宮体がんに分かれていませんので全国がん罹患モニタリング集計2007年http://ganjoho.jp/professional/statistics/statistics.html#02(Excelなので抜粋します)子宮がん全体は年間約17,300人、子宮頸がん約9,200人、子宮体がん約7,900人どの部位か正確な情報がない子宮がんが約900人です女性患者数の順位は1)乳がん 約52.000人2)結腸・直腸 約25.600人3)胃がん 約20.300人4)肺がん 約14.900人5)子宮頚がん 約9.200人女性人口は概ね6,500万人ですから子宮頚がんに罹る確率は0.014%1万人中1.4人、又は7,070人に1人が子宮頚がんに罹る少ないと言えば少ないのですが交通事故で死ぬ確率の4倍もあると聞くとどうでしょう?子宮頚がんの約80%がHPVウイルスが原因で殆どの場合には進行に影響を与えていますそして進行の遅いがんの代表のようなものなのと0期~1期の場合は腺がんで無い限り殆ど完治しますのでHPVウイルスと併用した検査であれば3年に1度通常の検査であれば1年に1度で良いと思います
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る