罹患率 癌のテクニック

2013.04.06

スポンサードリンク

罹患率 癌について調べてみました。

Q:日本の未来カレンダー【チェルノブイリ事故発生から25年間の健康被害まとめ】http://koujichin.blog.fc2.com/blog-entry-7.html●1986年*事故発生「出生率の低下」「卵巣の機能低下」●1987年(1年後) 「小児甲状腺癌」「ダウン症」「出生率の低下」「死産率の上昇」「周産期死亡(妊娠第22週~出生後7日未満)の上昇」●1988年(2年後)成人:「糖尿病、慢性気管支炎、虚血性心疾患、神経系統の病気、胃潰瘍、慢性呼吸器系の病気」子供:「種々の機能失調、神経衰弱、貧血、扁桃腺や耳鼻咽喉系の慢性疾患」「死産の増加」●1989年(3年後)「免疫力の低下」「貧血症」「カタル(炎症のひとつ)」「頭痛、眠気、甲状腺肥大」●1990年(4年後)「ダウン症」「小児甲状腺ガン」「新生児の低酸素症、新生児呼吸窮迫症候群、血液疾患」●1991年(5年後)*ソ連崩壊「死亡率>出生率」「急性白血病、慢性白血病、ホジキン病」「血液悪性腫瘍」●1992年(6年後)「子供の慢性疾患」1993年〔省略〕●1994年(8年後)「胎児と新生児の先天性疾患」:「多発奇形、多指症、四肢減形成」●1995年(9年後)「悪性の腎臓腫瘍」「悪性膀胱腫瘍」「悪性甲状線腫瘍」「悪性結腸腫瘍」「腎臓ガン」「甲状線ガン」●1996年(10年後)「非ホジキン性リンパ腫、骨髄異形成症候群」「小児の急性白血病」「子供達の白内障&失明」「子供の不整脈」「若者の心筋梗塞」「子供の胃炎や潰瘍」●1997年(11年後)「内臓セシウム増加」●1998年(12年後)「健康な子供は2~5%」「平均寿命の低下」「甲状腺がんの異常増加」●1999年(13年後)「乳がん発生数」●2000年(14年後)「乳癌が、肺癌、食道癌、子宮癌、リンパ腺と造血組織の癌」●2001年(15年後)「子供の甲状腺癌の激増」●2002年(16年後)「乳癌の増加」●2003年(17年後)「子供の悪性新生物または良性新生物の罹患率の上昇」●2004年(18年後)「流産・死産の増加」「唇の欠陥や縮小と多指症および複数の先天性奇形の激増」2005年〔省略〕2006年〔省略〕2007年〔省略〕2008年〔省略〕2009年〔省略〕●2010年(24年後)「ウクライナの人口減少数700万人」●2011年(25年後)「チェルノブイリ2世」〔遺伝的影響〕:「ホルモン機能、神経細胞の損傷」「手や手首の欠損」「脳の発達が遅い」「若者の心筋梗塞の増加」「甲状腺癌の発症リスクの平行線」●2012年〔省略〕人口密度がチェルノブイリ方面の20倍の日本の未来は更に深刻。約25年後の日本民族はどうなっていると思いますか?
A:<年表>t25年プラスすれば計算しやすいです。人口密度が高い、4台同時、今後何十年も拡散と垂れ流し、いつまでも終息しない。福島の方が出足が早く、人数も多く、しかもロングランになりますね。知り合いなど、がんで亡くなると年齢から被曝した年齢を逆算します。被曝時期を推定します。チェルノブイリの事故の年に行き当たる場合や核実験時代、広島、長崎に行き当たります。医学的にはわかりません、亡くなった年齢から引いて心で思います。早世が多いものですから。全員が該当ではありません。後、親子、孫三世代の発症を見ると、遺伝を思うことがあります。医師や研究者背はないので、証明ができませんけど。「特に悲惨なのは、死産したり、幼くして死んだり、奇形や遺伝病を持って生まれたり、通常ならば決して発症することのない病気を抱えながら生きることを余儀なくされた、何千人もの子供たちの運命である。(原因は様々ですが、このようなお子さんや大人を見つづけております。)チェルノブイリによって起こされた遺伝的欠陥は全世界を今後長期間にわたり苦しめ続けるだろう。多くの影響は、二世・三世の世代にならないと明らかにならないだろう。健康被害の程度は未だに明らかではないとしても、福島の原子力事故によってもたらされる苦難は、同等の規模であり、将来的にも同様の展開となることは予測できる。」

スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る