癌 早期の口コミ情報

2013.04.07

スポンサードリンク

こんにちは、今日は癌 早期についてです。

Q:二回目の内視鏡で早期の胃癌と診断され、手術が必要とのことで大きい病院へ紹介されることに…膵臓、腎臓のエコーとバリュウムと大腸内視鏡もしました。これは転移を疑っているのでしょうか?本当に早期なんでしょうか?どのくらい入院が必要なんでしょうか?
A:私の場合も、同様の検査(超音波検査、バリューム検査、大腸内視鏡、骨シンチ検査、CT検査、MRI検査)を行いました。転移の確認もあると思いますが、大きさ、位置の確認、その他の疾患の有無の確認だと思います。内視鏡で早期の胃癌との診断であれば、その段階で細胞検査や、癌の深層状態等の確認を医師はしていますので、間違いないと思います。手術前に、医師より、手術の方法内容、手術時間、等々の説明画有ると思いますので、その時に、早期かどうかも確認できると思います。心配でしたら、早期かどうかよりも、細胞疹の結果(おとなしいがん細胞かどうか)を、確認することです。(高分化=おとなしい、未分化=たちの悪い)私は、細胞疹の結果を確認していましたので、全く手術については心配していませんでしたので、寝てしまい、手術室に入るのを全く知りませんでした。入院期間は、技術の進歩で可なり違ってきていますので判りませんが。平成16年ごろは、開腹手術でしたので、1ヶ月でした。腹腔鏡手術ですと、可なり早く退院できると思います。頑張ってください。

スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る