がん 日本人の最新ランキング

2013.03.29

スポンサードリンク

がん 日本人がちょっと気になっています。

Q:福島のがんリスク、明らかな増加見えず WHO予測報告http://digital.asahi.com/articles/TKY201211240631.html?ref=comkiji_txt_end~続き福島県のほかの地区の成人の増加率は甲状腺以外はおおむね1%以下で、全体的には統計学的に有意に増加する可能性が低いとの結論になった。 一方、被曝の影響を受けやすい子どもでは地域によって増加率が高くなった。浪江町の1歳女児が16歳までに甲状腺がんになる可能性は0.004%から、被曝の影響で0.037%へと9.1倍になった。飯舘村では5.9倍、福島市などで3.7倍に増えると予測された。浪江町の1歳男児の白血病は0.03%が1.8倍(0.055%)になるとされた。 子どもでも、被曝による影響を生涯で予測すると、もともと高齢化に伴いがん発生は増えるため、増加率は相対的に低くなる。 胎児のリスクは1歳児と同じ。県外の住民は全年齢で健康リスクは「無視できる」と評価された。 また、低線量でも若い時期に甲状腺に被曝すると良性のしこりや嚢胞(液状の袋)ができる可能性が高まるとも指摘。「がん化の可能性は低いが、注意深く見守っていくことが重要」と指摘した。 今回の健康影響の予測では、過小評価になって健康被害が見逃されることを防ぐため、予測結果が過大になっている可能性もあるという。5月に公表された被曝線量推計を基に予測されたが、この推計は、原発近くの住民は事故後4カ月、現地に住み続けたほか、福島県民は地元産の食品ばかり食べていたなどの想定になっている。 〈WHOが健康影響予測に使った被曝線量〉 福島の原発事故による被曝線量推計の報告書(WHOが5月に公表)などをもとに、性別、年齢ごとに臓器別の線量を被曝後15年間と生涯で地域ごとに計算した。この結果、1歳児の甲状腺の生涯の被曝線量は、浪江町が122mSv、飯舘村が74、葛尾村が49、南相馬市が48、福島市や伊達市、川俣町、楢葉町などは43などと推計された。 国連によると、チェルノブイリ原発事故の避難民の甲状腺被曝は平均490mSv。子どもを中心に約6千人が甲状腺がんになった。ただし、甲状腺がんの治療成績は良く、死亡は十数人にとどまる。50mSv以上で甲状腺がんのリスクが上がるとの報告もあり、国際的に防護剤を飲む基準は50mSvと設定されている。 WHOは、福島第一原発事故の被曝による健康影響について、全体的には、がんが「有意に増える可能性は低い」とした。 これは、被曝でがんの発生がないという意味ではない。日本人の2人に1人は一生のうちにがんが見つかっており、福島県民約200万人のほぼ半数はもともとがんになる可能性がある。このため、仮に被曝で千人にがんが発生しても増加率が小さく、統計学的に探知できないということだ。 一方で、小児の甲状腺がんのように患者数が少ないと、わずかな増加も目立つ。福島県浪江町の1歳女児が16歳までに甲状腺がんになる可能性は、0.004%が0.037%へ、約9倍に増えるとされた。これは、仮に浪江町に1歳女児が1万人いたら、甲状腺がんになるのは0.4人から3.7人に増える可能性があるということだ。 報告書は、念のために注意を喚起して異常が出れば早期発見し対処できるよう、予防原則に立ち予測した。このため、一部過大評価になった可能性がある。 日本政府や福島県は、住民の被曝線量は100mSv以下という推計から「健康影響があるとは考えにくい」と繰り返してきた。それが、住民の不信を招いてきた。今回、過大評価があっても数字を挙げてリスクを具体的に示した点は評価できる。 政府や県は、福島県民の不安に向き合い、リスクを具体的に示して、県民が安心できる対策を打ち出す必要がある。 WHOの報告書は、世界の疫学調査や被曝医療などの専門家がまとめた。日本からは福島県立医大の丹羽太貫特命教授(放射線生物学)と、ロイ・ショア放射線影響研究所副理事長、明石真言・放射線医学総合研究所理事が参加した。 WHOが、一部、過大評価にもなりうる前提で予測したことについては、専門家の間でも賛否が分かれたという。ある線量の専門家は「健康影響を見逃さないためには、健診などの対象者を広げて対策を考えたほうがいい。健康目的の線量推計は最初は過大評価でも仕方ない。情報が増えたら、修正すればいい」と評価する。一方、丹羽さんは「線量は実態に近いものにすべきだ。一般の住民が、高いリスクを一度目にしたら、それが印象に残る。後から低く修正した数値を示されても、不信を抱くだけだ。その結果、必要以上に不安や恐怖を抱く恐れもある」と批判する。しかし、WHOは結局、予防原則にたって予測した。 WHO報告書をどう、いかせばいいか。 明石さんは「必要以上に不安を抱き、それが精神的ストレスにならないようにして欲しい。ただし、被曝の影響を受けやすい子どもは念のために、甲状腺検査や血液検査などの健診を継続的に受けた方がいい」と話す。 がんは、被曝が原因か見分けられない。原爆の場合、「被爆者手帳」を交付し、原因を問わずに医療費を公費負担した。
A:ごめんなさい質問がどこにあるのかがわかんないですよあとリンクが有料記事ですよ質問がどこにあるのかはわかんないんだけれども文章はいいこと言ってると思ったんですよだけれども被爆者手帳みたいなのは差別の原因みたくなるかもしんないから注意したらいいと思うですよ私は0.037%の数字は少なくないって思うですよ死亡事故に遭う確率は0.3%くらいみたいですよなあんにも得することないのに交通死亡事故の10分の1もあるんなら少ないって油断しちゃいけないと思うですよ
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る