早期食道癌が好きな理由

2013.03.31

スポンサードリンク

こんにちは、今日は早期食道癌についてです。

Q:義父(71歳)が癌を宣告されました。病院を移った方がよいか迷ってます、また移る場合は今お世話になっている担当医に申し出るだけと聞きましたがそれで良いのでしょうか。1/28 研修医より説明 早期食道癌(中ほどの所) 深さがあまりないとのこと。 1/29 鏡視下手術 か 開胸手術 を決める為という事で、近くの病院でPET-CTを受ける(10年程前に大腸がん有、完治済) 2/1 食道癌 執刀医による説明(居合わせませんでした) 膵臓癌が見つかったと説明、ステップや大きさ等の説明は無し。入院してから再検査をして膵臓癌の治療を先に始めるとの事。見付かった事がラッキーという説明。 2/4 より 入院予定、1週間程は執刀医が忙しく手術予定は無し。後は入院してからの説明との事。その病院は去年一年間で、膵臓癌手術は3件、県のランキングはその辺の臓器の癌手術は25~45位。近くに1位の医大付属病院があり専門医もおられるとの事。また、執刀医による血液検査で内出血により激痛と共に腕が腫れるという事があったそうで そちらも心配する要因になっています。時間が迫っている事や、手続きがよく分からない事から質問させて頂いた次第です。正解が難しい質問かもしれません、今できる事、色んな方からお話が聞ければと投稿させて頂きました。宜しければお返事お願い致します。
A:お義父さん、お義母さん、奥様(もしくは旦那様)の意向をお聞きして、後で考えてああしとけば良かったと後悔しないように治療方針や病院を選定することをお勧めします。今後も迷う事があるかも知れないので質問者様の不安を解消してくれるような相談が出来る病院であればなお良いと思いますが。いまの病院のほうが良いか、移るほうが良いかは総合的にそれらを考慮して判断したほうが良いと思います。担当医の顔色伺わなくても良いと思いますよ。(担当医の顔色気にしないといけないなら、すでによい病院とは言えませんよね)人の命がかかってるんですから。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る