癌 分類の革命

2013.04.06

スポンサードリンク

癌 分類のことがなんとなく気になりませんか?

Q:私の今後について。質問させてくださいこんにちは、初めて投稿します。私は、27歳、既婚(別居中)、無職の女です。5年勤めた銀行を退職し2か月が経過しようとしています。今は、医療事務に興味を持ち、ニチイさんで学習をしています。10月末の医療事務の試験を受験する予定です。 そこで、質問なのですが、医療事務は、比較的若い方が多い上、需要・供給のバランスがとれていないように思います。ニチイさんでは、就職支援システムがあり、就職のサポートをして頂けるみたいなのですが、データーによると、ニチイさんで、講座を受講された方でも半数の方しか、お仕事が決まっていない状態です。私は、医療業界では、高齢の分類になるのでしょうか?また、既婚者でもあるため、企業さんにとっては、すぐに妊娠をして、会社を退職するのでは?と思われ、採用されにくい分類になるのでしょうか? 銀行を退職する前に、ビジネス電話検定A級(面接は11月受験)、秘書検定2級の資格を取得いたしました。現在は、秘書検準1級に向け勉強をしております。接遇に関しては、ある程度、知識があると思いますし、前職では、私の電話の対応がいいと褒めて頂いたこともあります。それと、FP3級で勉強した事が、医療関係の専門用語として、あったりするので、割合、今のところは、授業にもついていけています。 ハローワークさんで、失業保険も支給して頂きますが、私が本格的に就職活動を実施するのが、医療事務の試験を受験した後になると思います。ただ、医療事務は、実務経験がある方が優先的に採用されるケースが多いみたいですね。その為、2年はニチイさんの総合病院で会計・受付・算定やら一通りの経験を積んでから、個人のクリニックへ正社員として雇って頂けたら。。というのが私の希望です。 医療事務の仕事に就きたいと思ったのは、実父が胆かん癌を患っているため、医療の知識を得たいということと、接客が好きなので、銀行で培った事務の正確さ、スピードが生かせるのでは?と思ったからです。 このような考え、年齢、資格等、皆様からみたら、どのように思われますか?採用して頂くためには、他にどのような事をしたらいいと思いますか? 長文、駄文で申し訳ございません。最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。たくさんの方の意見、アドバイスどのような事でも構いません。どうか、お力添えをお願い致します。
A:初めまして。医療法人で人事・労務を担当しています。ニチイの就業相談については、先のかたも回答されている通りで、配属部署や担当業務にこだわりが無く、タイミング等々の諸条件が合えば就業先は見つかると思いますが、給与待遇は厳しいです。私自身25年以上前になりますが、ニチイで資格を取得しました。自身でも就職活動しましたが、就職先はなくニチイからの委託で公立病院に就業しました。就きたかった業務(レセ業務諸々)に配属されたことで経験を積めましたが、希望した業務に就けずやめていった同僚もたくさんいます。それ以上に給与待遇が非常に厳しく辞めた人も複数います。ニチイでの就業で経験を積み、次の就職に結びつけるためには、就業先での経験が物を言います。場合によってはせっかく取得した医事資格を活かせない部署配属もありますので、そのような場合にはいくら就業年数が長いから・・・と言っても次の就職には結びつきません。タイミングよく、医事業務(受付~入力・レセ業務等々)の経験が積める就業先があれば問題はないですが・・・。年齢的なものは、その職場の事務職員の年代によります。新人教育担当者や先輩事務職員よりも新人さんが年上の場合、やはり指導し難いと考えますし、若い職員と同等の待遇で良いのかと雇用側は考えます。個人のクリニック等では、事務職員も少数でギリギリの人員で業務を行っている場合が多く、現場ではやはり即戦力が求められます。規模の大きな病院等々では業務は細分化されていますが、クリニックでは医事業務全般をこなしつつ雑用も大変多いです。どうしても医療事務に就きたいのならば、実務経験の積める就業先を探るか、ご自身で未経験でも応募可能な求人を当たるかだと思われますが、そうでないのなら、前職歴を活かした就職活動のほうが断然有利だと思います。頑張って下さい。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る