食道がんの原因の情報最前線

2013.04.08

スポンサードリンク

食道がんの原因について調べてみました。

Q:今夜テレビで口の中のアセトアルデヒドが食道がんの原因となるので、よく歯を磨くことにより食道がんになる確率を減らすことが出来る、との解説がありました。私の場合アルコール入りの水歯磨きを長い間使っており、この説からすると敢えて危険なことをしているのでしょうか? 因みに私は少量のアルコールで顔が赤くなります。
A:アルコールが分解する過程では、アルコール→アセトアルデヒド→酢酸の順で分解します。この程度の濃度のアセトアルデヒドでは粘膜は損傷されないでしょう。それよりも、カンジダが食道の粘膜細胞を変異(腐生)させる方が恐ろしいのです。食道カンジダ症から、食道ポリ-ブが形成され、これがガン化することが危険です。口にカンジダというカビが居ると、この現象が起きます。アルコール濃度が80%位でないとカンジダに対して消毒効果はありません。その歯磨きは、あまり効果があると思えません。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る