胃がん 罹患率の最新クチコミ

2013.04.17

スポンサードリンク

胃がん 罹患率のことがなんとなく気になりませんか?

Q:【至急】看護専門学校の志願理由書の添削来月看護専門学校の社会人入試を受験するものです。志願理由書をの添削をお願いいたします。率直な意見をお願いいたします。私が看護師に魅力を感じたきっかけは、父が大腸癌で入院したことです。術後も痛みとの闘いそしてストーマの処置に苦しむ父に、私はは何もできず、無力さを感じ、情けなく思いました。そんな父に看護師の方は絶えず笑顔で接し、父のストーマに対する不安も専門知識で解決し、父に笑顔が徐々にが戻ったのを覚えています。父の入院は私に、自分の生き方を考える機会を与えてくれました。そして自分の人の役に立ち、命を見つめていく仕事に就きたいという気持ちになりました。2015年には大腸がんは罹患率で、胃がんを追い越し第1位となり、死亡率でも肺がんに次いで第2位となると予想されています。今後父と同様ストーマで様々な悩みを抱える患者さんも増えていくと思います。そんな患者さんを支援していける皮膚・排泄ケア認定看護師にゆくゆくはなりたいと考えています。その為に、持ち前の明るさと笑顔を武器に、身体だけではなく心のケアもしっかりとできるような看護師になりたいと思います。そして貴校の恵まれた環境の中で人との触れ合い・命との関わり合いを学び、未来の自分を存分に育てたいと思い、貴校への入学を強く希望します。以上です。宜しくお願いいたします。
A:社会人だけあって素晴らしいですね。ちょっと気になった事だけ書きます。消化器、しかも大腸癌やストーマしか見えていないようですが、看護師になるには全ての分野を学びます。小児も精神も脳も心臓も…。看護師になったら消化器看護のエキスパートになりたいという将来像も、きっかけが父親の入院やストーマであるという事実も良いのです。しかしまずは看護師になる事が目標なので、一点集中はどうかなと思います。大腸癌=ストーマでもないですしね。「2015年~」の辺りを見直してみては?
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る