日本人 癌がヒットする理由

2013.03.16

スポンサードリンク

こんにちは、今日は日本人 癌についてです。

Q:多くの韓国人のかたの長期的犠牲と、激辛ブームの文化に関して御意見を下さい…???‥‥韓国は世界トップクラス(胃がん王国)かで伝統文化の犠牲になっているとすると(※これは韓国に生まれなければ胃癌で苦しんで亡くなることは比較的に避けられた筈かの意味だかして)、キムチの塩分とカプサイシンの影響なのかどうかは素人には分かり難いとしても、韓国の食生活に何か問題が有りそうな点は否めない気がします‥‥??ところで韓流ブームが“捏造的な流行”だったかの様なことはよく聞く話かと思いますが、それで質問なのですが‥‥このことと激辛ブーム(それとかキムチ鍋ブーム…?)は、韓国文化を移植する「日本韓国化」の一環(??)なのでしょうか…??? ‥‥例えば唐辛子などの刺激物で味覚障害を起こして味が分かり辛くなると刺激性の強い物のほうが食べた実感が湧くということだとする場合に何だか、これは悪循環みたいな話に思えるわけです‥‥〔七味は伝統的に、蕎麦屋などに置いてあると思いますが…(※)厳密に云えば日本も発癌性物質を食卓に常駐させている伝統なのかもしれませんけれども…???〕日本蕎麦好きというか、自分は今もつい蕎麦に七味をバッとかけてしまうほうかで‥‥他方、母は味覚障害に死にたい程に苦しんだようですし、又、直接には母は唐辛子に、かなり神経質になっていたようです、そうなったこと(神経を尖らせて外食時によく店員に尋ねること…?)は臨床的には可能性が有るからかで微量でもピリ辛に注意するよう術後、外科医に指導されていたのじゃないでしょうか‥‥?最近の日本人の伝統的な味覚がおかしくなったというか、洋風化みたいな韓国化というのか、こってり辛いほうにシフトさせられた(???)気がしないでもない感じなわけです、“韓国を毛嫌いしながら激辛好きに改造されていたら”目も当てられないといいますか、キムチ鍋や激辛菓子(??)が好きで韓国を否定するならそこから何かが抜け落ちているかもしれません‥‥それで、こういったこと(特に、韓国化としての激辛への慣らし…???)についてどう思われますでしょうか、些細な気づきでも(緩やかな癌死の増加有無…???)何か御意見を持たれるのであればお待ちして居りますので‥‥??
A:>このことと激辛ブーム(それとかキムチ鍋ブーム…?)は、韓国文化を>移植する「日本韓国化」の一環(??)なのでしょうか…???ただの流行です。"不況の時には辛い食べ物がよく売れる"で検索してみてください。kabu111221さんの勘違いだと思うのですが激辛(唐辛子)というのは大航海時代に中南米→東南アジア→中国→朝鮮と伝播してきたので、韓国が激辛の元祖ではなく朝鮮半島は現時点で末端ということになるのです。>韓国化というのか、こってり辛いほうに>シフトさせられた(???)気がしないでもない感じなわけですうむ、それが本当であるなら日本は韓国の次に激辛が伝播した国ということになりますね。残念ながら、現時点では『しょうゆ麹』が流行なので、家庭料理に激辛が定着するのはまだ先の話でしょう。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



ページ上部へ戻る